はじめまして、大阪支部の松本と申します。今日からときおり交通事故ブログを担当させていただきます。
 さて、記念すべき初投稿では、交通事故に再びあってしまい、前回の怪我が再燃してしまった場合の損害額算定の留意点についてふれていきます。

 一生のうちに複数回交通事故に巻き込まれてしまうことはまれでとても不運なことですが、複数回交通事故に巻き込まれた場合、前回の怪我が再燃・悪化してしまうということはよくあることだと思われます。  怪我の内容が前回とは異なれば、2回目の事故であることは特に問題になりませんが、怪我が前回と同じであれば、前回の損害との二重取りを懸念して、以下の点で相手方から争われやすくなります。