あなたの知りたい法律情報を弁護士が解説
生活に役立つ法律情報ブログ

代表弁護士

片山 雅也

Masaya Katayama東京弁護士会所属

あらゆる方々にとって
身近な司法とは何かを常に考えています。

弁護士にご依頼される方々にとってみれば、弁護士の仕事もサービス業の一環であるという視点に立つとともに、あらゆる方々にとって身近な司法とは何かを常に考え、現代にあった身近なリーガルサービスの構築を常に考えています。
一般民事から企業法務に至るまで、様々な案件を担当してきましたが、昨今は特に経営者側(マネジメント側)の労働法務、不動産関連法務及びM&Aに関連する法務に力を入れて仕事をしております。
労働法務については、会社にとっても従業員の方にとっても、よりよい職場環境を構築できるきっかけを作ってもらうべく、執筆活動や全国各地でセミナー活動も積極的に行っています。
M&Aの分野については、当職が担当してきたM&Aの多くは、ドラマのような敵対的な買収ではなく、後継者がいないことから困っている方々のご相談です。後継者がいない中、従業員の雇用も守る必要があり、取引先も守る必要があり、病院であればその病院を利用している患者さんも守る必要があるからこそ、M&Aという手段が必要というケースです。
このM&Aに関連する問題も困っている方々の味方になるという観点から、当職のライフワークだと信じ、業務を行っています。
どのような問題も解決策はあると信じ業務を行っていますので、お困りごとがあれば、いつでもお気軽にご相談いただれば、幸いです。

片山 雅也の執筆記事一覧

92件