弁護士 仁藤 仁士

 

皆様、こんにちは。

 

1 イントロ

   ただ今、受験シーズン到来いったところでしょうか。

   大学入試はセンター試験を終え、私立大学の入試が既に始まっていることと思います。中学や高校入試では推薦試験が始まっている頃でしょうか。

   前回は、著作の引用についてお話させていただきましたが、今回は入試問題で著作が用いられること、さらには入試問題の過去問を出版することについてお話いたします。

 

2 試験問題をめぐる著作権

(1) 前回と説明が若干重複しますが、他人の著作物を利用するには、原則として著作者の了解を得ることが必要です(著作権法上「許諾」といいます。)。

ただし、例外として、例えば私的利用(著作権法30条)のように無断使用が許されるものが法律上定められています。

  (2) 入試問題において、著作物を著作権者の許可無くコピー(複製)することも例外の一つとして許されています(著作権法36条1項本文)。

   ただし、コピーが許されるためには、既に公表されている著作物であって、試験又は検定の目的上必要な限度で使用するという条件を守らなければなりません。

   さらに、「営利目的」で試験や検定を行う場合には、著作権者に補償金を支払わなければならない