弁護士  金 崎 浩 之

 

 

労働者にもマーケティング思考が必要

 

1 労働者の真のお客様は誰か

  会社のお客様は、労働者にとっても大事な顧客ですが、もうひとり、忘れてはならない大事なお客様がいます。それは雇用主である会社です。

  顧客満足の実現は、マーケティングの基本中の基本ですが、この大事な原点が最も忘れられているのは労働市場だと思います。日本中の労働者のほとんどが、勤めている会社を自分の大事なお客様だと認識していないようです。労働市場において、労働者は“労働力の売り手”、雇用主である企業は労働力の“買い手”です。これは労働経済学の教科書を紐解くまでもなく歴然とした事実です。

  したがって、企業経営者は、この真理をしつこいくらいに労働者に伝えていく必要があると思います。

 

  職場では、雇用主と従業員、上司と部下との関係で指揮命令系統が発生します。そして、多くの労働者は、この「服従」に対する対価が賃金だと考えているふしがあります。確かに、職場の指揮命令系統は、職場には欠かせない要素だと思います。しかし、実は本質ではありません。労働者と雇用主の関係は、指揮命令にあるのではなく、労働力の売り手と買い手であるという関係が本質です。雇用主は、命令したいから雇用するのではなく、労働力を購入するために雇用しているからです。そして、購入した労働力を事業活動に沿うように利用する必要があります。そこで、指揮命令関係が発生するわけです。つまり、指揮命令関係は、労働力の購入からくる派生原理なんですね。この事実は、雇用主ではなく、「上司と部下」の関係を見ればさらに鮮明になります。上司は雇用主ではありません。でも、指揮命令権を行使しますね。これはどうしてかというと、購入した労働力を効率よく用いるための権限委譲なんです。

  この基本的なメカニズムについて、御社の人事部は、徹底的に職員の頭の中にすりこむべきです。

 

2 雇用の安定で労働者は幸福になれるのか

  もっとも、他方で雇用契約は、ある種の社会保障制度になっているという側面もあるのも事実です。労働力を売る労働者である前に、ひとりの人間として人間らしい生活を営む権利があります。「あなたは使えないからいりません。辞めてください」では、労働者は生活に困ってしまう。そこで、労働基準法を含む労働関係法が一定の法的保