1 低すぎる慰謝料

 配偶者の浮気が原因で夫婦関係が破綻した場合で、、裁判で配偶者に対して慰謝料請求する場合には500万円、浮気の相手方に請求する場合は300万円というのが相場です。
 でも、これはあくまでも代理人弁護士が訴訟で主張する請求額の相場であって、裁判所が判決で認めてくれる相場ではありません。
 実際には、配偶者に対する慰謝料で300万円程度、浮気の相手方に対する慰謝料で150万円程度認められれば十分でしょう。

 これって、少なすぎませんか?強い信頼関係で結ばれてきた夫婦の絆が、浮気という情事で一瞬にして崩壊…。特に浮気の相手方に対する慰謝料は低すぎます。結婚生活って、この程度の金額で償われるほどの価値しかないのでしょうか?

「赦せません。1000万円請求したいです」

 ある依頼者は私に力強くそう言い切りました。当然の怒りだと思います。
 依頼者の妻が会社の上司と浮気し、それが原因で夫婦関係が破綻してしまったという事件です。妻の浮気の相手方である上司を訴えたいということで相談に来ました。

 幸い、その上司は高給取り。しかも、既婚者で娘がいることも判明していました。

「1000万円の慰謝料…。何とか頑張って取りましょう!」
 私はそう言って、憤る依頼者の感情を鎮めました。

2 慰謝料1000万円回収の戦術

 先にも述べたように、不貞の相手方に対する慰謝料は、せいぜい150万円程度です。200万円までいけばかなりの成功です。

 なので、正攻法では到底1000万円など取れません。

 そこで、私は、戦術を練りました。その際に留意すべき点は以下のとおり。

  • 1000万円は交渉でないと回収できない。裁判だとその上司にも弁護士がつき、当然相場の額で落ち着いてしまう。
  • 裁判を回避したいという状況に相手方を追い込む必要がある。相手方は裁判であれば、150万円程度の慰謝料を支払えばすんでしまう。当然、相手方にとっては裁判による解決のほうが安くすむ。そんな相手方を、「絶対裁判はやりたくない!」という状況に追い込むにはどうすればいいか。
  • 相手方にも妻がいて、娘がいる。守るべき家庭があるという一応の仮説が成り立つ。

 そこで、私が採用した戦術は、

  • 自宅ではなく勤務先に通知書を送る。自宅に送らなければ、その上司の妻は夫の浮気に気付かない。その結果、その上司は自分の家庭を守る道が残される。
  • 勤務先に送る場合、その上司の浮気が職場で発覚するのはマズイ。プライバシーの侵害になってしまうし、何よりも相手を失うものがない状況に追い込んでしまう。したがって、その文面には十分気をつけなければならない。

3 こうして私は1000万円回収に成功した。

 私は、その上司宛の通知書を勤務先に送りました。しかし、浮気に関しては触れていません。そこには、

「お尋ねしたいことがあります。至急、当職あてまでご連絡ください。」

 これしか書いていません。これでは何の用件か全く分かりませんね。でも、本人には心当たりがあります。

 案の定、通知を出してから2~3日もたたずに、その上司から電話が来ました。
 私は、こう切り出しました。
 「職場に失礼な手紙を差し上げたことをお詫びします。本来なら自宅に送るべきなのですが、それをすると奥様の知るところとなり、かえってご迷惑がかかるのではないかと。そこで、やむをえず、職場に送らせていただきました」

「お心遣いありがとうございます。助かりました…」とその上司。

 やはり、彼は奥様とうまくいっており、家庭を守りたいのです。
 私は、その上司に、自分の依頼者が大変憤っており、1000万円の慰謝料を求めていることを伝えました。

「それは、少々高すぎませんか。もう少し金額面で何とかなりませんか」

「確かに相場よりはずっと高いと思います。でも、無理です。1000万円でないと依頼者の怒りがおさまりません。」

「もし、私がそれを拒否したら?」

「残念ですが裁判です」

 実は、裁判になると訴状は裁判所から自宅に送られます。浮気の証拠も同封されて…。ほぼ確実に奥さまの知るところとなり、せっかく職場に通知書を出したのが無駄に終わります。その上司の家庭も崩壊するでしょう。

 したがって、その上司の決断のポイントは、自分の家庭を1000万円で守りたいかどうかです。

「分かりました。1000万円お支払いします…」

 こうして交渉がまとまりました。 受任から解決まで1週間程度です。裁判だったら、かるく6カ月はかかります。しかも、せいぜい150万円程度で和解でしょう。

 交渉にはテクニックが必要です。法律知識だけでは、依頼者の利益を実現できません。弁護士たるもの、日々、頭を柔軟に使い、依頼者に有利な解決方法を模索すべきです。法律の評論家になってはいけないと思います。