神経膠腫(グリオーマ)

グリオーマとは脳の大部分を構成しているグリア細胞が腫瘍化したもの
増殖能が高く、浸潤性に脳を侵し、難治性悪性腫瘍の代表

グリオーマは全脳腫瘍の中で最も頻度が高く(約30%)
腫瘍が増大する事によって、周囲の脳組織を浸潤性に破壊したり、周囲の脳を圧迫したり、脳浮腫を合併する事によって、運動障害(麻痺)、感覚障害あるいは意識障害など、様々な重篤な神経症状が出る

腫瘍の増大や脳の腫れ(脳浮腫)に伴って、頭蓋内の圧力が上昇(頭蓋内篤亢進症)し、圧迫を受けた脳は行き場を失い、頭蓋内の隙間から飛び出す。このような病態を脳ヘルニアという。極めて危険な状態で、脳の血管を閉塞したり(脳梗塞の合併)や脳の深部の出血を伴いなったりして死に至らしめる大きな原因となる。

腫瘍は大きく、周囲に強い脳浮腫を伴っており、周囲の脳を圧迫。頭蓋内圧亢進症状も出現する。
脳圧上昇や脳浮腫は一時的には薬物治療にてある程度は改善を得られるが、その効果が短期間で期待できなくなる。

痙攣の合併や腫瘍内出血を生じると、急激に病状は悪化する

治療の最大の目標は腫瘍をできるだけ小さくし、腫瘍の増大を遅らせる事
手術を行い、出来る限り腫瘍を摘出した後に、放射線治療および化学療法等を行う

開頭による腫瘍摘出の合併症

・手術中、手術後の頭蓋内出血と脳浮腫
・手術侵襲そのものが脳の腫れ(脳浮腫)を助長する可能性
・術後出血や脳浮腫を合併した場合、生命を脅かす可能性もあり、場合によっては再手術が必要となる可能性
・手術中に脳を栄養する血管(動脈)や脳を還流している血管(静脈)を損傷し、脳梗塞を生じる可能性