脳炎

 今回は、少々、恐い病気の脳炎について触れてみたいと思います。

 一口に脳炎といっても、細菌やウィルスに感染する等により脳実質に炎症が起きる狭義の脳炎と、髄膜に炎症が起きる髄膜炎とがあります。これらを併せて髄膜脳炎と呼ぶこともあります。なお、脳実質とは、大脳、小脳を意味し、髄膜とは、頭蓋骨と脳実質の間に存在する硬膜、クモ膜、軟膜を総称するものです。

 脳炎を感染源から分類すると、ウィルス性、細菌性、真菌性、結核性、がん性に大別されます。その他に、最近、症例が多く報告されるようになった非ヘルペス性急性脳炎もあります。ウィルス性以外は、光学顕微鏡に映るレベルであるため、顕微鏡による診断、判別も有効です。

 ウィルス性脳炎で最も多いのは、ヘルペス脳炎です。ここでいうヘルペスとは、単純ヘルペスウィルスのことです。ヘルペスには、帯状疱疹ヘルペスウィルスもあります。帯状疱疹ヘルペスは、水痘ウィルスとも言われ、若年期の水痘(水疱瘡)や更年期の帯状疱疹を発症させる原因となります。ヘルペス脳炎に対しては、アシクロビールという特効薬がありますが、他のウィルス脳炎に対してはこれといった治療薬がないのが実情です。

 なお、細菌性脳炎に対する治療薬である抗生物質は、真菌性脳炎に対しては逆効果となり、症状を悪化させることがあります。それは、真菌(カビ)が抗生物質を好む性質があるためです。したがって、脳炎の感染源の診断を誤ると、治療するつもりで疾患を助長させることにもなりかねないのです。

 本来、無菌であるはずの脳に、ウィルスや細菌等が入り込むわけですから、脳炎は身体を重篤な状態に陥れます。症状としては、発熱、頭痛、咳、悪心、嘔吐の他、意識障害、痙攣、奇異行動も現れたりします。そして、死に至ることもあります。

 しかし、もっともやっかいなのは、非ヘルペス性急性脳炎です。若い女性に多く発症し、この患者にはかなりの確率で卵巣奇形種が発見されています。近時、非ヘルペス性急性脳炎は、抗NMDA受容体という抗体の一種が病因であることがわかってきました。この抗体は、幻覚や妄想、奇怪な言動といった精神病症状を引き起こしますが、抗体産生の意義やメカニズム等解明されていない部分が多いとされています。それまで普通に生活し、健康であった人が突然、幻覚を見、奇っ怪な行動を取り始めるため、精神分裂病(統合失調症)と間違えられることもあります。ただ、精神分裂病は、発熱等を伴うものではないため、患者の細かな身体状況の変化を見逃さないことが重要です。かかる非ヘルペス性急性脳炎の治療は、抗体が原因しているため、ステロイド等を使用した免疫療法が有効とされているものの、未だ適切な方法が確立していないのが現状です。