1 歯髄炎

歯髄に炎症が波及していること
硬組織の中にあり狭小な根尖孔のみから栄養補給されてる組織だから炎症反応である腫脹は起こらない

2 歯髄炎の治療

可逆性歯髄炎⇒原因の除去と血流改善処置
不可逆性歯髄炎⇒感染してなければ抜髄処置、感染してれば感染根管処置

3 感染根管治療

根管内の起炎物質や感染源を除去することで、根尖部歯周組織への病変の波及を防止、またすでに波及している病変の治癒が目的
根管拡大・形成、清掃、消毒、根管充填操作が含まれる

新たな感染を起こさないよう注意
処置後は緊密な根管充填処置、引き続き機能と形態の回復を行う補綴処置必要

根管充填

抜髄治療OR感染根管治療の最終処置として、歯髄腔の空隙を根管充填剤で根尖孔まで補填し閉じること
根尖孔から根管内への組織液の流入や根尖孔外への根管内刺激物の流出を防ぎ、根尖部歯周組織を治癒させ、歯の長期保存目的
根管充填法には、充填剤の違いにより、固形体根管充填法と糊剤根管充填法
この根管充填のための糊剤として、本件レセプト記載の水酸化カルシウムも有り。

*根の治療の評価難しい
原理は単純だが失敗の危険と背中合わせの難しい治療
歯によって歯髄の入っている空洞の形は違う
木の根のように複雑なものや細く湾曲しているものなども。
細い針の先が根の中で折れたり、歯根の先を突き破る可能性あり
骨の中の治療だから結果はX線で判断するしかない

水酸化カルシウム

歯科用薬として滅菌精製水と連合して使用
ある程度の殺菌力を有し、根尖部における骨様セメント質の添加を促進するため、根管消毒薬OR根管充填剤として使用される

約1、2週間は消毒の作用続き、その後吸収されるか害のない存在に。
突き出しただけなら痛みは続かない。
痛み引かないなら根に溜まっていると思われる細菌除去必要

弁護士 池田実佐子