1 用語等

イレウス(腸閉塞)

種々の原因により、腸管内容の肛門側への通貨が障害された状態

「機械的イレウス」 多い その中でも腸管の癒着によるものが多い
腸管内腔が物理的に閉塞されて起こる
・単純性(閉塞性)イレウス:腸管の血行障害なし
・複雑性(絞扼性)イレウス:腸管の血行障害あり
「機能的イレウス」
腸管への血流や分布する神経の障害により腸管内容が停滞する
・麻痺性イレウス:腸管が運動麻痺
・痙攣性イレウス:腸管が痙攣性に萎縮

絞扼性(複雑性)イレウス

腸管壊死や穿孔などの危険性
急激に病状が悪化するため緊急手術の適応
血流障害ある腸管は他より暗赤色

2 絞扼性イレウスの症状・病態

突発する持続性の腹痛、悪心・嘔吐腹部膨満感、排便・排ガス停止、ショック
急速に進行

腸管内へのガスや液体の貯留により、
↓病態として
・腸液の大量貯留による体液の喪失
・経口摂取不能状態の継続
・腸管壁バリアの破綻による腸管内細菌や細菌毒素の循環系、リンパ系、腹腔への移行
など
↓その結果として
・脱水
・循環障害
・敗血症
・多臓器不全症候群
・DIC
 など

血行障害

腸管壊死:WBC↑、LDH↑、CK↑、AST↑
     炎症を伴うから発熱やCRP↑

穿孔・感染 : 腹膜刺激症状(筋性防御、反跳痛)
↓     : 腹水貯留
急性腹膜炎 : 敗血症(本件発症あり)

3 絞扼性イレウスの診察・検査等

・腹部診察
強度の圧痛、腸雑音は初期に亢進するが徐々に低下・消失、筋性防御、反跳痛を認める

・血液検査
WBC↑、CK↑、LDH↑、AST↑、代謝性アシドーシスなど

・立位腹部単純X線
拡張した腸管のガス像、niveau(二ボー:腸管内の液体と気体の水平面)など

・腹部造影CT検査
腸管壁の高度の浮腫、造影不良、大量腹水など(嵌頓したヘルニアや重積した腸管、絞扼された腸管がみられる場合もありとても有用)
⇒複雑性イレウスを考える

・超音波像
虚血に陥った腸管の腸管運動の低下やケルクリングひだの消失、腹水などみられる
CTと違い動きをリアルタイムで観られる
非侵襲的・すぐできるから有用

4 絞扼性イレウスの診断

診断は、症状や検査で比較的容易
重要なのは、原因・種類を把握し、適切に対処すること
特に緊急手術の適応である絞扼性イレウスを見逃さないこと重要!
イレウスでまず行うのは、絞扼性イレウスor急性腹膜炎に伴う麻痺性イレウスを鑑別
これらでないなら保存的治療しつつ原因探し、治療

弁護士 池田実佐子