肝細胞癌

・肝細胞に由来する上皮性悪性腫瘍
・原発性肝癌の95%
・ヴイルス性(B型、C型)の慢性肝炎や肝硬変などの慢性肝疾患から発生

好発

・肝硬変、慢性肝炎の経過中の人

治療

①外科的切除

・肝障害が軽く(A)、腫瘍が単発

②ラジオ波熱凝固療法

・切除不能の腫瘍だが、3㎝、3個以内の場合など

③肝動脈化学療法塞栓療法

・4個以上の多発性腫瘍の場合

④肝動注化学療法

・他の治療が適応とならない場合

肝切除

・肝障害度はAもしくはB、腫瘍数が3個以下
・肝細胞癌は門脈を介して肝内に移転するため、門脈支配に沿った系統的な切除が望ましい

ラジオ波熱凝固療法

・超音波ガイド下に電極針を腫瘍部に到達させ、ラジオ波を照射することで、腫瘍を焼灼壊死させる
・1回の照射で焼ける範囲が広い

肝動脈化学療法塞栓療法

・肝細胞癌は、肝動脈からの血流が主体であり、門脈血流をほとんど欠く。そのため、腫瘍に栄養を送る動脈を多孔性ゼラチン粒などの固定塞栓物質で塞ぐことで、腫瘍を壊死させる。
・さらに、塞栓物資に抗がん剤を加えて塞栓を行う。
・腫瘍の大きさや個数を問わずに治療できる。
・適応:①腫瘍による門脈本幹の閉塞がない等

肝動注化学療法

・肝動脈内へのカテーテルを留置することにより、腫瘍に細胞障害性薬剤を直流する方法。
・カテーテルは通常外科的に肝動脈又は胃十二指腸動脈へ留置する。
・副作用:敗血症、カテーテル不良、消化性潰瘍、薬剤性胆嚢炎、肝炎がある。