腹膜透析法

・腹膜に囲まれた復腔内に浸透液を注入・除去し、腹膜を介して透析液と血液の間で水分・溶質の物質交換をさせて血液浄化を行う方法

・腹膜透析療法では、外科的に腹膜を留置した腹膜カテーテルから透析液を腹腔内に注入・貯留し適度な時間後透析液を排除し新しい透析液を注入する方法

カテーテル交換をする場合

 →カテーテル感染(挿入部、カテーテル先端)、吸引で除去できない血栓による閉塞がある場合(透析療法マニュアルp189)