(1)歯科矯正とは何か?

 歯科矯正とは、正しくない歯並びを正しい歯並びに治すための治療をいう。

 正しい歯並びにすることで、見た目だけでなく咀嚼機能を正常に整えたり顔の形を矯正するという目的で行われる。

 一般的には、乱杭歯、八重歯、出歯、受け口などの治療として行われる。

(2)歯科矯正の種類

① 歯にメタルブラケットを装着するもの

 金属なので強度が強いという長所があるが、目立ちやすいという短所がある。

② 歯にセラミックブラケットを装着するもの

 色が白いので、目立ちにくいという長所があるが、金属製に比べて強度が弱いという短所がある。

③ 歯にリンガルブラケットを装着するもの

 歯の裏側に矯正装置を装着するので、喋ったときなどに外から見えないという長所があるが、常に舌にあたるなど違和感がある。

(3)歯科矯正の仕組み

 歯に一定の力を継続的に加え続けると、歯によって圧迫された側の歯根膜が貧血状態に陥る。
 そして、この貧血状態を正常な状態に戻すために「骨芽細胞」と「破骨細胞」が働きだす。
 破骨細胞が圧迫された側の歯槽骨を溶かし、骨芽細胞は圧迫されていない側の歯槽骨を作る。
 このような構造の下、歯が入っている穴の位置がずれることにより歯が動くのである。

(4)歯科矯正にかかる治療時間

① 簡単なケース:半年から1年ほどの期間に保定期間を加えた期間
② 平均的なケース:1年から2年ほどの期間に保定期間を加えた期間
③ 難しいケース:2年から3年以上の期間に保定期間を加えた期間

※保定
 保定とは、歯科矯正が終了した後、装置を装着するなどして歯が後戻りしないようにするための処置である。
 3ヶ月に1回程度の処置が必要とされ、1年から2年程度必要とされるケースから、一生続けなければならないケースまである。

弁護士 藤田 大輔