ヒアルロン酸

製品名
形状
麻酔入りの製品
ヒアルロン酸濃度

ジュビダーム
粒子のない滑らかな単相ゲル
あり
24mg/ml

レスチレン
粒子を含む一貫性ゲル
なし
20mg/ml

サージダーム
粒子のない滑らかな単相ゲル
なし
13.5ml/mg〜24mg/ml

プリベール
粒子を含む一貫性ゲル
あり
5.5mg/ml

ピュラジェン
粒子を含む一貫性ゲル
なし
20mg/ml

エセリス
粒子のない滑らかな単相ゲル
なし
20.0mg/ml,22.5mg/ml

テオシアル
粒子のない滑らかな単相ゲル
なし
25mg/ml

マクロレーン
粒子が大きい一貫性ゲル
なし
20〜30mg/ml

形状

 ヒアルロン酸注入剤はゲル状になっている。
 従来の「粒子を含む一貫性ゲル」では、粒子のサイズが大きければ大きいほど体内への吸収スピードが遅く、持続性が高いとされていた。
 しかし粘度が硬いため、真皮層の上層や皮下組織の薄い部分に注入した場合、凸凹になるケースが問題となっていた。

 これを解決するべく開発されたのが次世代の「粒子のない滑らかな単相ゲル」である。架橋処理技術の向上により、粒子のサイズを大きくせずに架橋構造を二重にするなどして吸収を緩やかにし、高い持続性と凹凸のない滑らかな仕上がりを実現した。

 このように、ヒアルロン酸といっても、種類、粒子の大きさが異なり、注入する部位に応じて、ヒアルロン酸の種類を選択する必要がある。