(1)腰椎椎間板ヘルニアとは何か?

 腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間円板の変性により、椎間板の中心に位置する髄核が線維輪を穿破して後方へ突出あるいは脱出した状態をいう。

 椎間板が隣接する神経根に影響を及ぼすと症状が生じる。

(2)腰椎椎間板ヘルニアの症状

 腰椎椎間板ヘルニアを罹患すると、以下のような症状がみられる。
 多くの場合、片側性で急性発症する。

 ① 腰痛
 ② 坐骨神経痛などの下肢痛
 ③ 腰から脚先にかけてしびれや痛み
 ④ 下肢の感覚障害
 ⑤ 下肢の筋力低下・運動麻痺

(3)椎間板ヘルニアの原因

 腰仙椎または頸椎領域において変性変化により髄核が線維輪を抜けて突出または破裂し、髄核が後外側または後部から硬膜外腔に脱出することで発症する。

(4)診断方法

 診断の中心は以下に挙げた理学的所見、画像所見によるが、的確な問診や神経学的所見等を総合的に考慮して診断される。

① 理学的所見

 下肢伸展挙上試験(ラゼーグテスト)が陽性であることからなされる。

② 画像所見

 画像所見としてはCT検査やCT脊髄造影、MRI検査がある。
 MRI検査ではヘルニアの高位や形態・大きさおよび神経圧迫の程度などが描出される。しかし、無症候性のヘルニアの場合もあるので、MRI検査結果と症状の慎重な検討が必要となる。

(5)治療方法

① 保存療法

 多くの場合、安静、投薬、骨盤牽引で症状の改善が得られる。

② 神経ブロック療法

 疼痛が強い場合、神経伝導路に局所麻酔を施し、痛みの伝達を止める治療法。
 神経根ブロック、硬膜外ブロック等がある。

③ 手術療法

 保存療法により効果が得られない場合、具体的には1ヶ月以上の保存療法を行っても日常生活に支障をきたす場合には、手術療法によることになる。

 手術療法は、後方椎間板ヘルニア摘出術(LOVE法)、内視鏡下ヘルニア摘出術、レーザー治療、経皮的骸核摘出術、脊椎固定術などがある。

弁護士 藤田 大輔