下顎のインプラント挿入術、下顎の口腔前庭拡張術は下顎を侵襲する治療である。
 インプラント挿入術とは歯の喪失により生じた欠損部位の額骨に人工物を埋入し、これを支台として歯冠部や歯肉部への代替物を取りつけ、損なわれた咀嚼機能、審美、発音などを回復する治療法である。
 下顎の口腔前庭拡張術とは浅い口腔前庭を外科的に深く拡張し、付着歯肉の幅の獲得を目的とするものである。

 下顎を侵襲する治療を行う場合は、下歯槽神経の損傷により、下歯槽神経麻痺のリスクが高い。特に下顎臼歯部の手術における下神経損傷の頻度は高い。また、オトガイ神経についても、下歯槽神経とオトガイ神経が場所的に近接した場所にあることを考えると、下顎の治療を行う場合はオトガイ神経を損傷し、オトガイ神経麻痺のリスクも高まる。下歯槽神経麻痺、オトガイ神経麻痺になれば、下唇に感覚低下や麻痺が生じる。神経を損傷すると回復は困難であり、治療も長期にわたる。
 下歯槽神経は下顎管を通り、オトガイ神経はオトガイ孔から出ている。

 そうすると、下歯槽神経、オトガイ神経の損傷を避けるためにはCTを撮影し、オトガイ孔や下顎管の位置を把握し、神経の場所を把握するのが有用である。
 しかし、当該神経の場所を把握できるのはあくまで画像上の話である。CTを撮影してもCT画像の所見が、実際の口腔内において、どの部分になるのかまではわからない。したがって、CT画像の情報が、実際の口腔内のどこに相当するかというのは術者の推定に過ぎないので、CT画像で神経の場所を確認しても下歯槽神経ないしはオトガイ神経の損傷を完全に避けることはできない。

 そうだとすれば、下顎の侵襲を伴う治療である下顎のインプラント埋入術(特に臼歯部分)、下顎の口腔前庭拡張術(特に臼歯部分)をなす場合は下歯槽神経ないしはオトガイ神経の損傷を完全に避けることができないこと、特に下顎臼歯部の手術における下神経損傷の頻度は高いこと、かかる神経を損傷すると、下唇に感覚低下や麻痺が生じ、神経損傷をした場合に回復は困難であり、治療は長期にわたることについて説明義務があるのは当然である。

弁護士 佐々木 将司