くも膜下出血とは、頭蓋内くも膜下腔(くも膜と脳表との間の脳 炎髄液腔)への出血である。非外傷性のくも膜下出血の原因は、脳動脈流の破裂が最も多く、約70%から80%を占める。
 破裂した脳動脈瘤からの出血はほとんどの場合、一時的に仮止血した状態にあるが、早期に再出血(再破裂)する傾向がある。
 くも膜下出血の重症例に応じて、再出血の予防措置をとる。

 重症例の分類は具体的に以下のとおりである。

重症度基準徴候
グレードⅠ無症状か、最小限の頭痛および軽度の項部硬直をみる
グレードⅡ中程度から重篤な頭痛、項部硬直をみるが、脳神経麻痺以外の神経学的失調はみられない
グレードⅢ傾眠状態、錯乱状態、または軽度の巣症状を示すもの
グレードⅣ昏迷状態で、中程度から重篤な片麻痺があり、早期除脳硬直および、自律神経障害を伴うこともある
グレードⅤ深昏睡状態で除脳硬直を示し、瀕死の様相を示すもの

 グレードⅠ~Ⅲが重要でない例、グレードⅣが比較的重症例、グレードⅤが最重症例と分類される。
 再出血予防措置として、後述する脳動脈瘤頸部クリッピング術を含む外科的治療が選択された場合、中程度までの重症例では、早期手術(発症72時間以内)がなされた場合、予後の面で優れた成績が得られる(グレードA)。グレードとは根拠の強さを示すものであり、グレードAは言い切れる強い根拠がある場合を示す。
 脳動脈瘤再出血の予防法の外科的治療の1つとして、脳動脈瘤頸部クリッピング術がある。
 脳動脈瘤頸部クリッピング術とは全身麻酔下にて開頭を行い手術用顕微鏡(マイクロサージェリー)を用いて脳動脈瘤に到達し、脳動脈瘤周囲を剥離し脳動脈集頸部(首の部分)に専用のクリップをかける方法である。
 くも膜下出血にあたり、大量の脳内血腫がある場合、脳組織の一部が頭蓋内腔の区域を越えて移動・突出する脳ヘルニアを引き起こす。
 これにより、循環障害や脳幹の圧迫等が生じ、生命維持が困難になる危険があり、致命傷となる場合も少なくない。
 したがって、くも膜下出血に合併して脳内血腫などがみられる場合は、クリッピング術に併せて、血腫除去術を行う。

弁護士 佐々木 将司