今回は、医療水準論というテーマで書きます。

 「医療水準論」というと何か難しそうな言葉です。どういう場面で使うのかイメージが湧きにくいです。医療水準論が医療過誤の場面で言及されるのは、医療ミスがあったか否かという場面です。法律用語でいうと「過失」すなわち注意義務違反があったか否かという場面で、医療水準論という用語が利用されます。

 したがって、注意義務違反があるか否かは、医療水準がどうであったかという視点で判断していくことになります。

 そこで、次に、医療水準とは具体的にはどのような基準で判断されるのか、過去の2つの最高裁判例に照らして、述べていきます。

① 最判S57・3・30 集民135・563

「人の生命及び健康を管理すべき義務に従事する者は、その業務の性質に照らし、危険防止のため実験上必要とされる最善の注意義務を要求されるが、右注意義務の基準となるものは、診療当時のいわゆる臨床医学の実践における医療水準である・・」

 と判示しています。

 この判例のポイントは2つです。「診療当時」医療水準で判断するということです。これは注意義務違反があった時点で判断するという点で当然の判示だと思います。次に、「臨床医学」の実践における医療水準で判断するということです。これは、現在発表されている最先端の医学研究の結果から判断するというのではなく、医療現場で実際に行われている臨床レベルの医療水準で判断するということを示すものです。

 したがって、医療過誤の注意義務違反を主張するためには、診療時(医療ミス当時)の実際の現場でどのような医療がなされていたのかを調べる必要があることになります。

② 最判H7・6・9  民集49・6・1499

「ある新規の治療法の存在を前提にして検査・診断・治療等に当たることが診療契約に基づき医療機関に要求される医療水準であるかどうかを決定するについては、当該医療機関の性格、所在地域の医療環境の特性等の諸般の事情を考慮すべきであり、右の事情を捨象してすべての医療機関について診療契約に基づき要求される医療水準を一律に解するのは相当でない。そして、新規の治療法に関する知見が当該医療関係と類似の特性を備えた医療機関に相当程度普及しており、当該医療機関において右知見を有することを期待することが相当と認められない場合には、特段の事情が存在しない限り、右知見は右医療機関にとっての医療水準であるというべきである。」

 と判示しています。

 この判例のポイントは、①の判例が示した「診療当時のいわゆる臨床医学の実践における医療水準」が全国一律に絶対的な基準でないという点です。すなわち、(ⅰ)診療に当たった当該医師の専門分野(ⅱ)当該医師の診療活動の場が大学病院、総合病院、専門病院、一般診療機関のいずれかであるという診療機関の性格、(ⅲ)当該診療機関の存在する地域の医療機関の特性等を考慮して医療水準を判断するということです。

 以上の二つの判例から、過失判断で求められている医療水準とは、診療当時のいわゆる臨床医学の実践における医療水準であり、臨床医学の水準は、当該医療機関の性格、所在地域の医療環境の特性等の諸般の事情を考慮することになります。

 そこで、弁護士としては、その病院の規模、取扱い分野、近隣の病院の規模、取扱い分野、連携等を検討する必要になります。

 今回のテーマの医療水準は文章で書くと簡単そうに見えますが、実は、それぞれの病院で、どの程度の治療ができるかを検討した上でなければ、この判断ができないことから、非常に難しい判断が迫られることになると私は考えます。