アナフィラキシーショックとは

 アナフィラキシーショックとは、薬剤、食べ物、毒(虫など)などのアレルゲン(特異抗体)の誘因によりⅠ型アレルギー反応(アナフィラキシー反応)が生じた結果としてヒスタミン等の物質の遊離によりショック症状を起こす現象をいう。呼吸困難を伴うことが多い。

症状

 かゆみや紅潮などの皮膚症状や呼吸困難、悪心、下痢等の症状がみられるが、重度の場合には患者が死亡する場合もある。

予防方法・治療方法

 アナフィラキシーショックは投薬等から短時間で発症し急速に悪化するため発症した場合には迅速な治療を行うことはもちろん、発症の予防を行うことが重要である。

 予防方法としては、医師は薬剤の投与を受ける患者に対し十分な問診を行うことや、患者自身が誘因となるべき食べ物や虫等を把握している場合にはそのような誘因物質を回避しアナフィラキシーショックの誘因となる物質が体内に取り込まれることを可及的に回避することが重要である。

 アナフィラキシーショックが発症した場合には可能な限り早期にエピネフリンの投与(皮下注射または筋肉注射)を行うことが必要となる。

医療事件のうえで問題となりやすい場面

 医療事件の中では、医師による薬剤投与に関連して発症したアナフィラキシーショックによる死亡事案等が多いようであるが、医師が薬剤投与前に行う問診義務違反の有無、薬剤の種類・量の適否、薬剤投薬手技の適否、穴フィラキシーショック発症後の処置の適否等が争点となることが多いと思われる。

弁護士 藤田 大輔