弁護士法人ALG
弁護士 井内健雄

ア 顎関節症に関する医学的知見

  (ア)定義

     顎関節症とは、顎関節や咀嚼筋等の疼痛、関節雑音、閉口障害ないし顎運動異常を主要症候とし、類似の症状を呈する疾患を除外したものである顎関節症の主症状は顎関節部や関連筋肉の疼痛、開閉口時の顎関節部の雑音、開閉口障害であり、顎関節疾患の中で最も頻度が高い疾患である。

     そして、顎関節症の病態については、5型に分類されている。

  (イ)顎関節症Ⅳ型:変形性顎関節症

   ⅰ 病態

     顎関節を構成する骨に変形をきたした症型であり、多くは、非復位性円板転位から移行する。

   ⅱ 臨床症状
 骨表面の変形のため関節運動が平滑でなく、開閉口時にガリガリ、ゴリゴリといった雑音(クレピタス音)を発する。骨変形の進行に伴い、関節内部構造も破壊されて関節内癒着が起こり、臨床的には関節運動痛や開口障害を起こす。

   ⅲ 診断
 各種X線検査やMRI検査により骨の変形を認める。関節腔内の病態把握には、顎関節造影検査や関節鏡検査が必要である。

   ⅳ 治療
ⅰ)内服

      顎関節痛の軽減には、非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服が有効である。

   (ⅱ)顎関節腔内洗浄

      関節腔内に組織分解産物が停滞し、滑膜炎が強い場合には顎関節腔内洗浄を行う。

   (ⅲ)スプリント

      スプリントは顎関節の負荷を軽減する。

   (ⅳ)開口訓練

      開口障害に対しては、徒手及び器具による開口訓練を行う。

   (ⅴ)癒着剥離受動術

      開口訓練を行っても効果がない場合には、関節腔内で線維性癒着を起こしていることが多いので、顎関節鏡視下にて癒着剥離受動術を行う。

  イ 義歯がないことの影響

    義歯がないことにより、噛み合せが悪くなる。噛み合せが悪くなると、顎関節症になる原因にもなりうる