1 クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium Difficile)とは

・偏性嫌気性菌のグラム陽性桿菌
・芽胞を形成する。空気中では、芽胞の形で存在する。芽胞が経口的に感染し、しかも胃酸に対して強いことから、容易に腸管に到達する。
・C.difficileの感染経路は、糞口感染。便に排出されるので、便によって汚染されたもの(便器、浴槽、電子直腸内体温計など)は全てC.difficileの芽胞のリザーバーとなりうる。
・一旦院内がC.difficileに汚染されると、通常数ヶ月から数年にわたって、芽胞が存在するため、医療従事者を介して院内感染が拡大するおそれがある。
・全ての菌が感染症を引き起こすのではなく、毒素産生株(約30%)が感染症の原因となる。

2 CDI(Clostridium Difficile Infection)とは

・Clostridium Difficile感染症の総称。

・CDと菌交代
 CDは、偏性嫌気性グラム陽性桿菌で、一般的な抗菌薬に耐性であるため、抗菌薬投与で多くの腸内細菌が減少した結果、異常繁殖する(菌交代減少)。

・CDIのTonna分類(5類型)

①無症候性保菌(健常者の5%、1週間入院した患者の10%、4週間入院した患者の50%)
②単なる抗菌薬関連性下痢(うち、20%がCDに起因)
③偽膜のない下痢症
④偽膜性腸炎(CDIの約10%)
⑤劇症偽膜性腸炎(CDIの約3%)

・CDIのうち、偽膜を形成する重症型の腸炎を”偽膜性腸炎”という。

参考文献
・松井敏幸ほか編「ここが知りたい!偽膜性腸炎/CDI」(文光堂)