① PK-PD理論

・組織移行性と薬理作用

重要-どんなに効く薬でも、感染臓器に届かなければ意味がない!

※VCMは、組織移行性悪い!薬理作用(抗菌力)もイマイチ!

・参考:抗MRSA薬の組織移行性

投与時の血中濃度を100とした場合の平均組織中濃度の割合

骨髄筋肉脳脊髄液
VCM17%13%18%30%18%
TEIC80%55%10%40%10% LZD415%54%160%85%73%

・組織移行性とバイオフィルム(BF)

なぜ、インプラントにBFが形成されると、難治性になるのか?

② 濃度依存性と時間依存性

・時間依存性の抗菌薬は多い(VCMも同様)

③ 相乗効果と減殺効果

④ MIC=最小発育阻止濃度

・耐性株の判断の基準となる

・感受性と耐性の差は、ある意味相対的→低感受性、中等度感受性など。

感受性テスト-感受性あり。但し、低感受性のコメント付記

⑤ 耐性菌とは

・ヘテロ耐性株とは何か?

 10の6乗の細菌集団に1個の細菌株が耐性獲得→ヘテロ
 耐性株が支配的→耐性菌

・ペニシリン耐性肺炎球菌→但し、肺炎と髄膜炎とでは事情が異なる。

 バンコマイシン耐性腸球菌(=E.faecium)

キノロン耐性大腸菌→尿路感染症とキノロン

多剤耐性緑膿菌

・MRSAとは、何に対して耐性なのか?

⑥ 抗菌薬治療の基本的な考え方

・empiric therapyとde-escalation

検体採取→広域(但しempiric)→検査結果(=原因菌同定)→狭域