弁護士法人ALG&Associates

弁護士  金﨑 浩之


1 最高裁平成18年1月27日第二小法廷判決

 この判例はMRSA院内感染に関するものであるが、原審の判断に対して、「経験則又は採証法則に反する」として破棄差し戻しをした興味深い事例であり、異彩を放っている。

 医療訴訟における下級審判例の中には、この「経験則又は採証法則に反する」証拠評価を行うものが散見されるので(そして、そのような判例の多くは棄却判例である)、原告代理人(患者側)としては、訴訟戦術上も使いやすい有益な最高裁判例だと考える。


2 事案の概要

・平成4年11月 患者は脳梗塞の治療のため被告病院に入院。

・平成5年1月11日~同月18日まで 喀痰からMRSA検出のため、第三世代セフェム投与。

・平成5年1月25日から、尿から緑膿菌検出のため、第三世代セフェム投与。

・平成5年1月28日に喀痰から、同年2月1日に便からMRSA検出。

・平成5年2月1日から同月21日まで、MINO投与。

・平成5年2月1日から同月26日まで、バクタ投与。

・平成5年3月1日以降も、37℃以上の熱が持続。

・平成5年3月4日に喀痰から少量のMRSA、多量の緑膿菌検出。

・平成5年3月4日から同月18日まで、アミカシン投与。

・平成5年3月17日から、バクタ追加投与。

・平成5年3月18日から、VCM投与開始。

・平成5年7月、腎不全。

・平成5年8月25日、肝機能、心肺機能低下。

・平成5年8月31日、MOFにて死亡。


3 論点(原告の主張)

①第三世代セフェムを投与すべきではなかったのに、これを投与したことによって、平成5年2月1日ころまでにMRSA感染症を発症させた過失。

②MRSA感染症が発症した時点でVCMを投与すべきであったのに、これ投与しなかったことによって、MRSA消失を遅延させた過失。

③入院期間中、多種類の抗生剤を投与すべきではなかったのに、これをしたことにより、MRSA感染症やMOFを発症させた過失。


4 原審の判断

①当時の臨床医学においては、第三世代セフェムを投与するのがむしろ一般的(原告協力医、鑑定書)。
→過失なし。

②安易なVCMの使用は耐性菌を生み出す危険。MINO、バクタで一時便からMRSA消失の臨床経過。
→過失なし。

③多種類の抗生剤投与は、当時の医療現場では一般的又は許容範囲(原告協力医、被告協力医)。
→過失なし。


5 最高裁の判断

①むしろ一般的であったことがうかがわれるだけで、それが当時の医療水準であることを確定することなく、過失を否定した。
→経験則・採証法則違反あり。

②VCMを投与しなかったことが当時の医療水準にかなうものではないと指摘する記載があるのに(鑑定書)、それが当時の医療水準であることを確定することなく、過失を否定した。
→経験則・採証法則違反あり。

③必要がない抗生剤を投与したことが、当時の医療水準にかなうものではないとの趣旨の記載がるのに(被告協力医)、それが当時の医療水準であることを確定することなく、過失を否定した。
→経験則・採証法則違反あり。


6 雑感

 協力医にせよ、鑑定人にせよ、医療機関をかばう結果になるような医療慣行を述べることは少なくない。

 そして、そのような医療慣行に沿って、過失の有無を判断する下級審判例も少なくない。

 したがって、「何が医療水準なのか」を強く意識して丁寧な議論を展開することが原告代理人にとって重要であると言える。

 また、原告の主張する事実に対して、「それを断定するに足りる証拠はない。したがって、原告の主張は採用できない」という論法を使う下級審判例も少なくない。
 例えば、原告が「肺血栓塞栓症を強く疑える所見があるのにその検査を怠った過失」を主張しているのに対して、「それを強く疑えたと断定できる証拠はない。したがって、検査を怠った過失もない」なとと判示するが如くである。
 しかし、この場合の立証命題は、「肺血栓塞栓症が臨床所見から強く疑えたかどうか」ではなく、「肺血栓塞栓症の疑いを排除できない(=除外診断できない)ときに、検査を行うことが当時の医療水準だったか否か」であろう。
 原告は主張の構成を工夫しないと、上手く裁判所に逃げられる。