1 敗血症とは

・感染に起因するSIRS(全身性炎症反応症候群)

infection-induced SIRS

・SIRSの病態生理

-外傷、熱傷などで全身に侵襲が加わると、大量の炎症性サイトカインが産生され、全身の炎症反応を引き起こす。

・SIRSの診断基準

① 体温>38℃または<36℃
② 心拍数>90/分(頻脈)
③ 呼吸数>20/分またはPaCO2<32
④ 白血球数>12000または<4000あるいは未熟型白血球>10%

※以上、①~④のうち、2項目以上を充たす。

・SIRS診断基準の長所・短所

長所:早期に敗血症と診断し、治療を開始できる。

短所:非特異的である。

・SIRS基準の見直しと敗血症診断基準(日本版敗血症診療ガイドライン)

① SIRSの4項目
② CRPの上昇(但し、肝機能低下時には上昇しないことがある)
③ 血圧低下<90mmHg
④ 血清クレアチニン値の増加>0.5mg/dL、乏尿
⑤ 血清総ビリルビン値の増加>4mg/dL
⑥ 機能的イレウス:腸蠕動音の消失
⑦ 高乳酸血症:乳酸値>1mmol/dL
⑧ 低酸素血症
⑨ その他

※敗血症診療ガイドライン2012参照

2 敗血症の病態生理

・敗血症の進展

① 敗血症→②重症敗血症→③敗血症性ショック
① hyper-dynamic stae → ②hypo-dynamic state

・重症敗血症とは

① 臓器障害や臓器灌流異常又は低血圧を認めるもの

② 指標としては、乳酸アシドーシス、乏尿、意識混濁

・敗血症性ショックとは

① 十分な輸液負荷を行った後でも低血圧が改善しない

② 収縮期血圧90mmHg、または通常より40mmHg以上低下(但し、心原性低血圧を除く)

・hyper-dynamic stateとは

① 心拍出量の増加、頻脈

② 血管拡張に伴う血管抵抗の低下とそれに伴う低血圧

③ 低血圧であるにもかかわらず末梢が温かい(warm shock)

※SIRSの結果、末梢血管が拡張するが、代償的に心拍出量を増加しようとする生体反応

・hypo-dynamic stateとは

① 心拍出量の減少、除脈

② 血管拡張に伴う血管抵抗の低下とそれに伴う低血圧

③ 心拍出量の減少に伴い、末梢が冷たくなる(cold shock)

※hyper-dynamic stateから離脱できないと、hypo-dynamic stateに移行し、救命困難となる。

・ARDS(急性呼吸窮迫症候群)

① 初期段階では、血管透過性亢進→肺水腫→肺胞虚脱、コンプライアンス低下、無気肺

② 肺高血圧を高頻度に合併

・DIC(播種性血管内凝固)

① 大量の微小血栓が播種される(血小板の減少)

② 出血傾向の増加

3 治療戦略

・敗血症診断ガイドライン

① 初期蘇生
② 人工呼吸管理
③ 血糖コントロール
④ 栄養管理
⑤ ステロイド療法
⑥ DIC]対策
⑦ 急性血液浄化療法
⑧ 免疫グロブリン療法
⑨ タンパク分解酵素阻害薬
⑩ 感染症治療

4 SSCGについて