Ⅰ はじめに

① 時間依存性と濃度依存性
② MIC―最小阻止濃度→耐性菌の評価(感受性評価)は、ある意味相対的。
③ 薬剤には、併用投与により薬理作用を相殺する場合と、増強する場合とがある。
④ 薬剤には、ある薬剤の効用を打ち消してしまう欠点を解決するために、合剤として投与されるものがある。
⑤ 一般名と商品名に注意。薬剤の略語にも注意。

Ⅱ βラクタム系

1 ペニシリン

① ペニシリンG(PCG)

・グラム陽性菌に強い抗菌活性あり。しかし、耐性化が進んでいる。

② アンピシリン(ABPC)

・グラム陽性菌のほか、グラム陰性菌の一部に拡大(大腸菌、インフルエンザ菌)。

・腸球菌(グラム陽性菌)には、最も効く。

③ ピペラシリン(PIPC)

・グラム陰性菌全般(緑膿菌含む)に抗菌作用あり。

2 セフェム

① 第一世代

・セファゾリン(CEZ)
 グラム陽性菌に高活性。特にブドウ球菌・連鎖球菌に強い。髄液移行不良。

② 第二世代

・セフォチアム(CTM)
 グラム陰性菌もカバー(特に、インフルエンザ菌)。髄液移行不良。

③ 第三世代

・セフタジジム(CAZ)
 グラム陽性菌には活性が低い。但し、グラム陰性菌は緑膿菌も含め、広くカバー。

④ 第四世代

・セフェピム(CFPM)
 グラム陽性菌・陰性菌を広くカバー。第三世代よりも強く、耐性緑膿菌にも活性を示す。

3カルバぺネム

① イミペネム/シラスタチン(IPM/CS)

・最初のカルバぺネム
・グラム陽性・陰性・嫌気性菌をカバー
・MRSAで、バンコマイシンと相乗効果あり。

Ⅲ アミノグリコシド

1 耳、腎に毒性が強い。

2 ゲンタマイシン(GM)
・緑膿菌を含むグラム陰性菌に高活性。

3 アルべカシン(ABK)
・緑膿菌を含むグラム陰性菌に高活性。
・MRSAで、バンコマイシンと相乗効果あり。

Ⅳ マクロライド

Ⅴキノロン

Ⅵ テトラサイクリン

Ⅶ 抗MRSA

1 バンコマイシン(VCM):グリコペプチド系
2 テイコプラニン(TEIC):グリコペプチド系
3 アルべカシン(ABK):アミノグリコシド系
4 リネゾリド(LZD):オキサゾリジノン系