耳の構造

・耳(平衡聴覚器官)は、外耳・中耳・内耳に区別される。

・平衡感覚としてはたらくのは、内耳の前庭・半規管である。

中耳
 鼓膜、耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)
 鼓膜の振動を耳小骨の振動として内耳に伝える役割。
 鼓膜の振動として捉えられた音は、ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨の順に増幅され、前庭窓から内耳の蝸牛(かぎゅう)に送られ、ここを満たす外リンパに振動を伝える。

内耳
 前庭、半規管、蝸牛からなる構造
 側頭骨内において迷路構造(骨迷路)をなす。

 骨迷路に中には、ほぼ同じ形状の膜性構造(膜迷路)がみられ、骨迷路と膜迷路の間は外リンパ液、膜迷路の内部は内リンパ液によって満たされている。

 蝸牛は聴覚器、前庭、半規管は平衡器官として働く。

蝸牛
 2回転半のらせん構造(かたつむり)
 上から、前庭階、蝸牛管、鼓室階からなる。
 前庭窓から始まる前庭階で耳小骨の振動をリンパ液が受ける。
 振動は蝸牛管に備わっているラセン器(コルチ器)を刺激し、ここに分布している蝸牛神経(聴神経)によって中枢へと伝えられる。

前庭
 身体の傾き情報を感じる
 半規管と蝸牛の連結部に位置する袋(卵形嚢・球形嚢)内部に平衡斑を備える

半規管
 回転や加速度を感じる
 互いに直行する3つの半リング状の管からなる(三半規管)
 基部の膨大部には膨大部稜がある
 身体が回転すると半規管内のリンパ液が動き、膨大部稜の感覚細胞がこれを感じ取って中枢へ送る仕組み