病症について

腰椎椎間板ヘルニア

脱出した椎間板組織が神経痕を圧迫して腰・下肢痛を引き起こす病態
退行性疾患の代表的な疾患

神経圧迫の機序

若年:髄核が線維輪を破って脱出
椎間板変性が著しい中高年:髄核に限らず、後方線維輪自体が椎体から剥がれて脱出することがある。

脱出の程度

突出:髄核が後方線維輪を完全に破っていない。
脱出:線維輪又は後従靭帯を破って脊柱管内に出ている。

治療

保存療法 通常ほとんどが3か月以内に保存療法で軽快

1 安静 急性期
2 薬物 急性期 解熱鎮痛薬や非ステロイド性抗炎症薬の投与、あるいは筋弛緩薬との併用投与
 慢性期や不安症状 トランキライザーや抗うつ薬の投与
3 ブロック療法 急性期 激しい疼痛には硬膜外ブロックや抗うつ薬の投与
4 体操療法 急性期症状が軽快した後 腰背筋や腹筋の強化により腰部脊柱の支持性の強化を図る
5 コルセット 激しい疼痛が軽減したら、症例により軟性コルセットを処方

手術療法

適応

① 膀胱直腸障害や重篤な下肢麻痺の場合
② 早い社会復帰を希望する場合
③ 3か月以上経過しても椎間板ヘルニアの消滅がなく疼痛が残存した場合

術式

1 後方椎間板ヘルニア摘出術(従来型、顕微鏡、内視鏡)
成績は良好だが、5%に再発。
最も一般的。90%内外の有効な治療成績が期待できる確立された手技。椎弓を部分的に切除し、圧迫されている神経痕を排除して、ヘルニア腫瘤を摘出する。変形髄核を切除することも多い。
本件=内視鏡手術(MED法)
全身麻酔下で背中を16mm切開し、筋肉を開き金属製の管を背骨まで挿入。管内に内視鏡を差し込み、椎弓に作業のため小さな穴を開け黄色靭帯を切除して患部に到達。テレビモニターで確認しながら鉗子でヘルニアを切除。

2 経皮的髄核摘出術
3 脊椎固定
4 前方椎間板切除術

弁護士 池田実佐子