大阪支部  弁護士  浅田 有貴

・非浸潤性がんを浸潤性がんと誤診した裁判例

 

【結論】

 病院側の損害賠償責任が認められた。

 

【事案の概要】

術前に針生検をする等の確定診断をしないまま三期の乳がんと診断して乳房切除、術後放射線照射、化学療法、ホルモン療法を行ったが、摘出腫瘤の病理組織検査の結果、非浸潤性乳管がんであることが判明した場合。

 

【過失の内容】

 より確定診断を得られるように,針生検等の検査をするべきであったのにしなかった(なお,針生検によっても非浸潤性がんであることの確定診断にはならないと医師側から主張立証されたが,「非浸潤性がんとの確定診断が得られる可能性も否定できない」と認定されている。)。

 

【損害】

 慰謝料(後遺症としての外貌醜状には該当しないが,患者の性別、年齢、職業、醜状の位置、大きさ、程度等からみて,慰謝すべき精神的苦痛がある)。

 乳房再建術のために要した治療費については,患者側が,放射線照射後,医師の制止を無視して多数の医師の診察を受けた事実があること及び過重な負担というべき差額が明らかでなく認定できないとされた。

 

【射程を画する特殊事情(部分的)】

・医師が患者に対し,乳房切除、術後放射線照射、化学療法、ホルモン療法を行ったこと。

・浸潤性がんか非浸潤性がんかによって,術式や補助療法が異なっていたこと。

・医師が患者の検査結果をみて,さらに検査を行う時間的余裕があったと考えられたこと。

・がんの治療に副作用が伴うこと(ex.放射線照射術の施行により乳房再建に悪影響が生じるが,患者は未婚の女性であり術前から乳房再建術を希望していた)。

・当時の医学的知見
・・・等