大阪支部  弁護士  浅田 有貴

【定義】

 アスペルギルスによって発症する呼吸器疾患のうち,アレルギーの機序によるものをいう。気管支・肺にアレルギー反応を起こし,喘息様症状と好酸球増加を伴う一過性の肺浸潤像を示す。

【症状】

喘息又は肺の膿胞性線維症の増悪症状。黄色~茶色(時に汚い緑色)の痰を伴う咳や喀血があり,重症者には発熱,頭痛,食欲不振などの全身症状も現れる。徴候として気道閉塞症状も現れるが,これは喘息症状の増悪と区別がつかない。

 

【診断】

 ①アトピー素因を有する人に喘息の症状があり,②特殊な色の痰を喀出し,③血液検査にて,好酸球値及びIgE値がともに上昇しており,④肺機能検査にて%VCが維持または下降,FEV1,⑤胸部X線像にて,反復する一過性浸潤影(移動する肺の浸潤影)が見られ,また胸部CT画像等で中心性気管支拡張が特異的にみられるとき,本症を疑う。

 これらに付加して,⑥アスペルギルス抗原に対する即時型皮膚反応が陽性,かつ,アスペルギルス抗原に対する沈降抗体陽性であれば確定診断に至る。

 

【治療と病期】

 治療は病期に基づいて行う。Ⅰ期(急性),Ⅱ期(寛解),Ⅲ期(再発),Ⅳ期(難治性),Ⅴ期(線維症)とされる。ただし病期は順序通りに連続して進行するわけではない。

 Ⅰ期またはⅢ期ではプレドニンの投与による治療を試みることになるが,改善が見られないときは,Ⅳ期として抗真菌薬の適応となる。

 また,すべての患者は,基礎疾患の喘息又は嚢胞性線維症に対する最適な治療を受けるべきとされている。

 

【参考文献】

・病気がみえる vol.4Medic media

・メルクマニュアル第18版/日経BP

・今日の治療指針 私はこう治療している 2011/医学書院