1 覚えておきたい血液ガスデータの正常値

  Na 140 mEq/L
K 4 mEq/L
Cl 104 mEq/L
pH 7.40(中性は7.00なので、弱アルカリ性)
PO2  100 Torr
PCO2 40 Torr
HCO3 24 mEq/L
AG 12 mEq/L

2 酸塩基平衡

① アシドーシス  pH<7,40

② アルカローシス pH>7,40

3 pHを決める2代因子

①代謝性因子 HCO3(重炭酸イオン)

 アルカリ因子なので、

 ・↑ 代謝性アルカローシス
 ・↓ 代謝性アシドーシス

②呼吸性因子 PCO2(二酸化炭素分圧)

 酸性因子なので、

 ・↑ 呼吸性アシドーシス
 ・↓ 呼吸性アルカローシス

4 代償機構

・ホメオスターシスにより、生体には、pHを正常化させるために、代償機構が働く。

・代謝性アシドーシス(HCO3↓)になると、呼吸性アルカローシス(PCO2↓)になる。
・代謝性アルカローシス(HCO3↑)になると、呼吸性アシドーシス(PCO2↑)になる。

・呼吸性アシドーシス(PCO2↑)になると、代謝性アルカローシス(HCO3↑)になる。
・呼吸性アルカローシス(PCO2↓)になると、代謝性アシドーシス(HCO3↓)になる。

※どちらが病態で、どちらが代償機構か?⇒ 変化率の大きい方が病態、小さい方が代償機構

臨床上の多くは、代謝性アシドーシスなので、呼吸性代償(PCO2↓)が働いているか確認