閉塞性動脈硬化症(ASO)

 腹部大動脈末梢側以下の下肢の動脈硬化による慢性閉塞性疾患の総称をいう。下肢の慢性虚血による間欠性跛行が特徴的症状であり、虚血が進行すると壊死に至る。

血管内治療

 経皮的に動脈内に治療用カテーテルを挿入し、血管の狭窄及び閉塞部を広げる治療をいう。主なものに経皮的血管形成術(PTA)があり、腸骨動脈領域における動脈病変に最適である一方、大腿・膝窩動脈や末梢の動脈病変においては、可動部であるためステントの破綻が非常に多く、血管内治療よりも外科的手術のほうがよい治療成績が示されている。血管内治療の中でもバルーンを使うことはある。

外科的手術

 患者の肢虚血重症度と治療目標に、種々の患者の特性を加味して、手術選択を慎重に検討する必要がある。手術方法には、血管内膜摘除術、バイパス術、交感神経切除術がある。

病変の形態と血管内治療の適応

 病変の形態が狭窄病変であれば、造影によって血流・血管を認知することができる。しかし、病変の形態が閉塞病変であるときには、ガイドワイヤーを通す際に閉塞部の血管は全く見えないので、外科的手術が第一選択と言われる。

 無理な血管内治療によって、造影剤を多量に使って腎臓を悪くする、カテーテルによって血管を損傷する、血管を破って患者を死亡させる等重篤な合併症が有り得る以上、適応や患者選択を慎重に検討することが必要である。

参考文献

・病気がみえる vol.2(第三版)/Medic media
・e-aso.info
・閉塞性動脈硬化症の血管内治療

以上
大阪支部  弁護士  浅田 有貴