(1)医療事件における準備の重要性

 どのような事件であれ、法的な請求をするに先立っては、入念な準備が必要となるが、医療事件の場合、他の事件にも増して、この準備のウェイトが大きい。
 なぜか。
 医療事件の場合、患者側(弁護士)は、法的な請求をする前に、第一に、事実を把握し、第二に、この事実が医学的にみて適切なものであったかを調査し、第三に、法的にみて適切かどうか(過失があったかどうか)を判断する。そして、基本的には、医学的にも法的にも不適切であると判断したものについてのみ、法的な請求をすることになる。
 医療事件は、事実を把握するために必要となる資料の種類や量が多く、しかも、それらは医療機関側に偏在しているため、他の事件に増して、事実の把握に手間がかかる。また、首尾よく事実を把握できたとしても、医療事件は、他の事件と違って、その事実が医学的にみて適切かどうかを知る必要があり、そのためには医学文献を精査したり医師の意見を仰いだりする必要があるわけで、この医学的調査にも手間がかかる。
 このように、医療事件は、法的請求をする前の準備にたいへんな手間がかかるのだが、これを避けては通れない。

事件処理の流れ

相 談
 ↓
調 査 
①事実に関する資料の収集(事実の把握)
・証拠保全など
②規範に関する資料の収集(医学的調査)
・医学文献調査 → 協力医意見の聴取
 ↓
請 求
交渉 or 調停 or 訴訟

(2)資料の収集

ア 収集すべき資料には何があるか

 というわけで、事実の把握は極めて重要であるから、以下では、そのための資料収集をどのように行うかについて概略を説明する。
 医療事件の場合、客観的な資料(診療録など)は医療機関等の側に偏在しており、患者側はさしたる資料を有していない。
 患者側が有している資料として考えられるのは、せいぜい、診察券、領収証、入院診療計画書、手術に関する説明・同意書、死亡診断書などである。相談の際にこれらを持参してもらうと効率的に事情を聴取することができる。
 他方、患者が持たず、収集対象となる資料としては、医療機関の診療録等(具体的には後記のとおり)のほか、消防署の救急活動報告書、救急搬送記録等、解剖所見などが考えられる。

イ どうやって収集するか

 まずは、医療機関の手中にある診療録等を手に入れる必要があるわけだが、それには次のような収集方法が考えられる。
 すなわち、①証拠保全(民訴234~)、②訴え提起前の証拠収集の処分等(民訴132-2~)、③弁護士会照会(弁23-2~)、④医療機関による任意の開示(制度として用意している医療機関も多い)、⑤個人情報保護法、国立病院につき行政機関個人情報保護法、自治体病院につき個人情報保護条例に基づく開示などである。
 ただ、改竄・毀棄のリスクを最小限に抑えて不足なく入手するためには、費用、労力、時間はかかるけれども、証拠保全(①)によるのが望ましい。