弁護士 金﨑 浩之 


 今日大学院で、MRSAのパネルディスカッションを聴講してきました。

 MRSAとは、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌のことですが、緑膿菌と並んで院内感染でよく問題となる細菌です。

 MRSAと言えば、まっさきに”院内感染”が頭に浮かびますが、今、市中感染するMRSAがどんどん増えているそうです。

 恐いですね。

 黄色ブドウ球菌って、人間のカラダに住み着いている常在菌ですから、思わず「オレのカラダにも、もしかしてMRSAがいたりして…」なんて考えてしまいました。
 もちろん、通常人間のカラダに常在している黄色ブドウ球菌はMRSAではなく、MSSA(薬剤耐性がないもの)なのですが、市中にMRSAが増えているなんて言われると、ひょっとして私のカラダにもいるのでは、なんて想像しちゃいました。

 でも安心してください。市中感染するMRSAは、院内感染するMRSAよりも、薬剤耐性が弱いそうです。それもかなり顕著に、だそうです。よかったですね。

 さて、パネルディスカッションを聴いていて、それ以上に驚いたのは、院内感染に対する対策が病院任せになっていて、政府があまり関与していないということでした。

 その結果、病院毎の感染制御の対策はまちまちで、そのパフォーマンスもかなり差があるようです。
 例えば、手術前の医師や看護師の手洗いの徹底ぶりも病院間格差が大きいとか…。

 しかも、その情報は国民に対して公開されていない。

 つまり、病院の利用者である患者にとって、どの病院の院内感染リスクが高いか分からないのです。

 これって、恐いですよね。

 かといって、院内感染したからといって、必ず医療機関の責任を追及できるかというと、けっして容易ではありません。

 院内感染が明らかであっても、感染ルートをある程度特定できないと、医療機関の過失を認めないというのが裁判例の趨勢だからです。

 院内感染の対策が不十分な病院であっても、感染ルートが特定できないと責任なしとなってしまう…。

 これはとても危険なことです。

 イギリスでは、国が厳しい感染制御を病院に課していて、これを怠っている病院については病院名を公表するという仕組みを作ったそうです。

 日本もイギリスのような制度を直ちに導入すべきだと思います。