1 はじめに

 医療過誤に基づき損害賠償を請求する場合、その法的根拠は、「不法行為に基づく損害賠償請求」か、「債務不履行に基づく損害賠償請求」であることがほとんでしょう。

2 過失について

そして、いずれの法律構成で請求する場合でも、患者の側で医師の故意または過失を立証する必要があります。さすがに、医師が故意により医療過誤を起こすケースは、極めて少数でしょう。従って、通常の医療事故訴訟では、患者側が医師の過失を主張立証する必要があります。

 過失概念には議論がありますが、「結果予見義務を前提とした結果回避義務違反」を過失ととらえる見解が比較的有力でしょう。そして、いずれの見解に立つとしても、医師に過失があるかどうかは、医師に注意義務違反が認められるかどうかで大勢が決まります。

3 注意義務について

 この点、判例には、

「人の生命及び健康を管理すべき義務(医療)に従事する者は、その義務の性質に照らし、危険防止のために実験上必要とされる最善の注意義務を要求される」

 と述べたものがあります。これだけを読むと、医師には極めて高い注意義務が要求されているようにも感じます。

 しかし、他の判例では

「注意義務の基準となるべきものは、一般的には診療当時のいわゆる臨床医学の実践における医療水準である」

 と述べられました。

 この判例は、先端レベルでの「医学水準」を過失の判断から外し、「臨床医学の実践における医療水準」を過失の判断基準としたことに大きな意味があります。

4 医師に要求されているもの

 医師としては、有効な治療法は全て知っておくべきというのはその通りでしょうが、日々進歩を続ける医学において、全ての知識を知っておくというのは人間の能力の限界を超えています。そういった意味で、この判例のようにある程度医師の注意義務を軽減するのもやむを得ないでしょう。

 ただし、この判例が患者側に極端に厳しい判断を示したのかというと、必ずしもそうではありません。所属する医療機関の規模や、治療法の浸透度合い等に応じ、知っておくべきことは知っておく必要があるとの判断を示したという意味で、医師にとっても、相当高度な要求が課されたと言えるでしょう。

5 近時の判例の傾向

 このように、従来の最高裁の立場は、医師の過失を判断するに当たっては、「医療水準」を基礎にしていました。そして、このような大枠が変化したというわけではありませんが、一部の民法学者の間で、最近の判例の変化を指摘する声があります。

 それは、最高裁が「医療水準」という言葉を判決で使用することが減り、代わりに「医学的知見」という枠組を基礎として過失の判断を行うようになったということです。

6 判例紹介

 この点、最高裁判決・平成18年6月8日の事案はとても参考になります。事案を簡潔に言えば、「両手に重傷を負った患者に、細菌感染が疑われる兆候があったにも関わらず、医師がそれを見逃し、患者が細菌感染に起因する敗血症で死亡した」、というものです。

 この事案の判決では、「第2、3、(1)」の項目で、「本件記録によれば、次の医学的知見がうかがわれる」と述べられた上で、判断の基礎となる「医学的知見」が示されています。

 そして、「第2、3(2)」の項目で、「上記の医学的知見によれば・・・・・~ことを予防すべき注意義務を負うものといわなければならない」、と注意義務の内容についての判断が示されています。

 その上で、当該事案で認定された「事実関係の下」において、注意義務違反が認められるかどうかを判断するという構成が採用され、「医療水準」という言葉は使用されていません。

 このことが何を意味するかは定かではありませんが、従来の判例の立場には個別具体的事情を軽視している面があるとの批判も強いです。

 判例の意図は、現時点では明らかになっていませんが、近い内に興味深い判例が出ることがあるのかもしれません。

7 まとめ

医療過誤によってどれだけ多くの損害が発生したとしても、医師の過失(または故意)を立証出来なければ、損害賠償請求は原則として認められません。そういった意味で、過失の有無は医療事故訴訟を始める上でのスタートラインと言えるでしょう。我々弁護士の立場としては、訴訟に勝つためには最高裁の立場の変化に敏感である必要があり、今後も注意深く判例を見守る必要があります。