1 網膜剥離の種類

①網膜裂孔を伴うもの

・(網膜)裂孔原性網膜剥離
※網膜剥離とは、通常は網膜裂孔原性剥離をさす。

②網膜裂孔を伴わないもの

・滲出性網膜剥離
・牽引性網膜剥離

2 網膜剥離(全般)の病態生理

・網膜が剥離
  ↓
・脈絡膜の血流支配下にある網膜外層が低酸素状態
  ↓
・網膜剥離が進行すると、その範囲で視野狭窄や変視症発症
  ↓
・放置すれば、網膜が全剥離して失明

3 裂孔原性網膜剥離

①原因

・硝子体の牽引による網膜裂孔
・外傷による網膜裂孔

②病態

・最初は局所的な網膜剥離でも、眼球運動などにより剥離は拡大。
・最終的には全剥離に至り失明する。

③治療方法

・強膜バックリング(=強膜内陥術)
  -強膜にシリコンスポンジなどを縫着→ 剥離した網膜と網膜色素上皮の距離を短くする。

・裂孔閉鎖
  -裂孔部位の周辺に炎症を起こす→ 炎症による癒着で裂孔の開口部を閉鎖する。

・気体注入術
  -硝子体腔内に気体(膨張ガス)を注入→ その浮力を利用して網膜を持ち上げて復位させる。