1 分子標的薬

・商品名:イレッサ 一般名:ゲフィチニブ

・商品名:タルセバ 一般名:エルロチニブ

※作用機序、副作用などほぼ共通

・従来の抗癌剤との違い
癌細胞の分子を狙い撃ちしてくれる。
   ↓
従来の抗癌剤とは異なり、正常な細胞の増殖を抑えてしまうことはないので、脱毛や貧血などの副作用が出にくいと言われている(但し、実際には副作用あり。また重篤な合併症もある。詳細は後述)。

・特徴: 非小細胞癌に奏効すると言われている(但し、EGFR遺伝子変異がある症例)。

2 作用機序

・標的: 癌細胞の増殖に関与する「上皮増殖因子受容体(タンパク質)」を攻撃
 EGFR(Epidermal Growth Factor Receptor)

※参考
癌細胞増殖の機序
 -タンパク質がリン酸化→ 「細胞を増殖させる」という情報伝達が起こる

・作用機序:
 -EGFRのリン酸化を抑制→ 癌細胞をアポトーシス(細胞の自殺)に追い込む

3 副作用及び合併症

頻度の多い副作用

・発疹、掻痒症、皮膚乾燥、下痢など

重篤な合併症

・間質性肺炎

※患者が副作用で死亡する場合、間質性肺炎が多いとの報告あり。