1 T因子

①定義:原発腫瘍の状態と隣接臓器への浸潤の有無による。

②分類
T1: 細胞の主径≦3㎝
T2: 腫瘍の主径>3㎝、主気管支への進展が気管分岐部から<2㎝、臓側胸膜への浸潤、部分的な無気肺
T3: 胸壁・横隔膜・心膜・従隔胸膜への浸潤、主気管支への進展が気管分岐部から≧2㎝、一側全肺の無気肺
T4: 従隔・心臓・大血管・気管分岐部・気管・食道・椎骨への浸潤、同一肺葉内の複数の腫瘍結節、悪性滲出液

2 N因子

①定義: 肺門・従隔・鎖骨上リンパ節への転移の有無による。

②分類
N1:  同側気管支周囲、同側肺門
N2:  同側従隔、気管分岐部
N3:  対側従隔又は肺門、斜角筋前又は鎖骨上

3 M因子

①定義: 遠隔臓器への転移の有無による。

②分類
M1: 遠隔転移、複数の肺葉の腫瘍結節

※ ・C-TNM: 臨床病気分類
・P-TNM: 病理学的分類
・T4: 手術不可能な浸潤病変が存在