【間質性肺炎】

・肺胞壁など肺の間質の炎症を主な病変とする疾患の総称

・50歳以上の男性に多い

・原因不明

・乾性咳、徐々に悪化し、労作時呼吸困難

・ばち指

・呼吸終末時に捻髪音

・血液検査:LDH↑、赤沈↑、WBC↑、lgG↑、KL-6↑、SP–A↑、SP–D↑

・呼吸機能検査:%肺活量<80、肺拡散機能<80、PaO2↓、A-aDO2↑

・胸部X線:下肺野に輪状、網状影

・蜂巣肺

・治療:根治療法なし
(ステロイド療法で悪化を抑える対処療法はある。)

・予後
非常に悪い

・その他影響
 協力医から聞いたお話ですが、間質性肺炎を患っている場合には、肺癌などの外科的治療が著しく困難になり、基本的には、手術をしないようです。