1 弁の種類と機能

①房室弁

心房→心室間の弁

・右房 → 右室 ; 三尖弁(三尖弁=弁3枚)
・左房 → 左室 ; 僧帽弁(二尖弁=弁2枚)

②三日月弁

心室→動脈間の弁

・右室 → 肺動脈 ; 肺動脈弁(三尖弁=弁3枚)
・左室 → 大動脈 ; 大動脈弁(三尖弁=弁3枚)

機能

 血流の逆流を防ぐ

2 弁膜症の種類

・狭窄症
-弁の解放が制限されているため、解放時の弁口面積が狭くなり血流が障害

・閉鎖不全症
-弁の閉鎖が不十分なために血液の逆流が生じる

・それぞれの弁で狭窄症、閉鎖不全症が発症しうる

僧帽弁狭窄症    僧帽弁閉鎖不全症
大動脈弁狭窄症   大動脈弁閉鎖不全症
三尖弁狭窄症    三尖弁閉鎖不全症
肺動脈弁狭窄症   肺動脈弁閉鎖不全症

3 病態

①狭窄症

-狭窄部の手前の部分に「容量負荷」、「圧負荷」

②閉鎖不全症

-閉鎖不全の弁の前後に主に「容量負荷」

4 治療

①内科

・肺うっ血 → 水分・塩分制限、利尿薬
・心不全 → 強心薬、カテコラミン投与

②外科

・僧帽弁; 弁形成術(第一選択)、弁置換術(第二選択)
・大動脈弁; 弁置換術
・三尖弁; 弁形成術
・肺動脈弁; 弁形成術


弁形成術-人工弁輪を用いた修復
弁置換術-人工弁(生体弁、機械弁)に置き換える

5 人工弁

①生体弁

-牛や豚の弁を使用。

・メリット; 血栓ができにくい
・デメリット; 耐久性に劣る(10年~20年)

②機械弁

・メリット; 耐久性に優れる
・デメリット; 血栓ができやすい → 生涯、抗凝固薬(ワーファリン)が必要