弁護士 金 﨑 浩 之


 先日、予防的乳房切除を行う女性が増えているという話をテレビのニュースで聴きました。

 乳がんは、女性の死亡原因のなかでもけっこう高順位(何番目だったかは忘れました)で、日本人女性の場合、統計上は15人に1人が乳がんになるそうです。
 女性にとって、乳がんってけっこう恐い病気なんですね。

 しかも、乳がんのなかで遺伝性のもの少なくないらしく、今、血液検査で乳がんに罹りやすい遺伝子を持っているかどうか、がわかるそうなんです。
 で、この遺伝子検査で、「あなたは将来乳がんになる可能性がありますよ」と言われた人が、この予防的乳房切除を選択しているようです。


 医学がどんどん進歩し、昔と違って、「乳房温存術」が適応となる症例も増えています。
 もしかしたら、人類は乳房を取らずに乳がんを治療できる時代を迎えるかも知れない、少なくともベクトルはそういう方向を向いていたはずです。

 このように、乳がんであっても乳房を温存したい、というニーズがある一方で、乳がんではないのに乳房を取ってしまいたいという正反対のニーズが出てきたわけです。
 この背景には、遺伝子診断技術の急速な進歩があるのはもちろんですが、最も重要なのは、乳房再建術の大きな進歩だと思います。
 考えてみれば、乳がんじゃなくたって、美容目的で豊胸手術をする人がいるんですから、乳がん予防ついでにもっと形が良くて大きい乳房にしてもらおう、ということにもなりますよね。

 私は、このニュースを聴いて、乳房温存術の技術の進歩は失速するのではないか、と感じました。
 だって、乳がんの可能性があるだけで予防的切除を選ぶ人が増えてきているんですよ。乳がんになった人は、そのリスクが現実化しているわけですから、再び乳がんになる可能性を摘み取るために、「温存なんかしないで全部取っちゃおう、ついでに乳がんになっていないほうの乳房も取っちゃえ」という発想になると思います。要するに、乳がんになる可能性がある人よりも、実際に乳がんになった人のほうが、予防する動機は強いはずなんです。
 乳がん再発のリスクがあっても乳房を失いたくない、という”女心”が乳房温存術のニーズの背景だったんですが、将来の乳がんを予防できておまけに形のよい美しい乳房が手に入るのであれば、温存術を選択する理由がなくなりますよね。

 でも、この予防的乳房切除。将来、様々なトラブルを起こす予感をさせます。

 まず、悪徳業者が跋扈するでしょうね。乳がんの予防と言っても、美容形成の要素が強いはずです。おカネの匂いがプンプンします。結局のところ、「美しい乳房を再建する」ということは、美容形成外科の分野です。美容形成は従来から非常にトラブルの多い分野です。しかも、通常の美容形成では治療という大義名分がない。もちろん、病気の予防でもない。でも、この乳房再建術は、治療ではなくても、”予防”という大義があります。
 加えて、日本人女性の場合、15人に1人が乳がんになると言われているんですよ。血液検査をして、とりあえず「乳がんになる可能性ありますね」と言って、予防的乳房切除に誘導できちゃいます。

 次の問題は、予防的乳房切除をしても、乳がんの可能性をゼロにはできない、ということです。
 ここは、素人にはちょっと分かりにくいですよね。乳がんというのは、乳腺の細胞が癌化するんですよね。そして、その乳腺をきれいに取り除いてしまうのに、乳がんの可能性がゼロにならないのはどうしてなのか。いずれにしても、ゼロにはならないわけですから、予防的切除したにもかかわらず、その女性が乳がんに罹ったら、「お気の毒に、あなたの場合、低い可能性のほうに入ってしまったんですね」と言い訳できちゃう。要は、医師の逃げ道はちゃんと確保されているんです。この説明で本当に女性は納得するのか。トラブルの匂いがしますね。

 このようなトラブルにならないようにするために、第一に重要なことは、あまりテレビ・コマーシャルに流されずに、信頼できる医療機関を見付けることです。CMで有名だから安心は間違いです。うちの医療事業部でも、テレビCMで有名な美容形成外科の医療機関といくつも裁判を抱えています。
 次に、これはちょっとしたテクニックですが、血液検査による遺伝子診断を受ける医療機関と、予防的乳房切除を受ける医療機関は別にしたほうがいい、と思います。あるいは、血液検査のセカンド・オピニオンを求めて、複数の医療機関で診断してもらうとか。治療ではないので、保険診療とはならないため、20万円くらいかかる(したがって、2箇所でやれば、40万円!)そうですが、大事な乳房を失うのよりは、マシだと思います。いずれにしても、医療機関の”お手盛り”を防止する必要はあると思います。