インフォームド・コンセント
                               弁護士 福田俊介

1 インフォームド・コンセントとは
  インフォームド・コンセントとは,患者が医師や他の医療スタッフから診療内容とその必要性,治療方針,検査,診療による結果等あらゆる医療に関連する事項について,十分な説明(Informed)を受けた上で,患者は治療法の自己決定権が尊重され理解・納得し同意(Consent)するものと言われている。

2 インフォームド・コンセントの内容
(1)具体的な内容
  ア まず,現在考えられる病名や病状を説明する。
  イ 次に予定している治療計画および診療方針について説明する。
    具体的には①薬物療法②侵襲を伴わない検体・生体検査③手術・検査・処置・麻酔等の侵襲的行為④輸血⑤延命処置などについて説明する。
    ①については投与方法,投与期間,目的,副作用等,②については目的や方法,検査時間や検査法の選択権等,③については手術の必要性や術式,担当者ならびに責任者,治療実績や予期される危険性や合併症,手術等を行わなかった場合の予後等,④については必要性や副作用等について説明する。
  ウ その他に,他の治療法があればその説明をしたり,予測される今後の経過等についての説明をする。
(2)説明の時期
①初診時における説明②治療方針がほぼ確定した時期の説明③入院時における説明④手術・処置をするための説明⑤退院時における説明があり,それぞれの時期によって説明する内容も変わってくる。
たとえば,①については,まだ病状を完全に把握できるとは限らないため,部分的な説明になる場合はその事も含め説明したりする。

3 代諾の問題
  インフォームド・コンセントを完全に貫こうと思ったら,治療行為の承諾という自分の肉体に関する自己決定を他人が代わって行うということはありえないはずであるから,原則としてインフォームド・コンセントは本人にするべきである。
  しかし,緊急事態には家族の代諾でできるといっても良い場合があるし,ときによりインフォームド・コンセントを省くというように考えても良い場合もある。一方で,治験は代諾で行わない方がよい。
  なぜなら,前者は命を救うために何か医療行為を行わなければならないということがはっきりしているが,後者はそうでないからである。

4 まとめ
薬物療法をする際の副作用や手術の危険性や合併症などの説明は患者の生命・身体の安全に密接に関わる問題であるから,患者にとっては非常に大きな関心事であるものの,依然この部分についての説明が通り一遍のものになってしまっている医者が多く存在している。
上述したように,インフォームド・コンセントとは,説明と承諾であるので,通り一遍の説明があっても,患者の承諾がなければインフォームド・コンセントがあったとはいえない。
そこで,医者はもっと患者の承諾の大切さを意識して,説明方法や説明内容について本気で考えてインフォームド・コンセントをするべきである。
                                     以  上