腸閉塞(イレウス)について

(1)腸閉塞(イレウス)とは何か?

種々の原因により,腸管内容の肛門側への通過が障害された状態

ア 機械的イレウス

腸管内腔が物理的に閉塞されて生じる

ア)単純性(閉塞性)イレウス
腸管の血行障害のないもの

イ)複雑性(絞扼性)イレウス
腸管の血行障害のあるもの

イ 機能的イレウス

腸管への血流や分布する神経の傷害により腸管内容が停滞して生じる

ア)麻痺性イレウス
腸管が運動麻痺したもの

イ)痙攣性イレウス
腸管が痙攣性に収縮したもの

(2)腸閉塞の症状

①腹痛
②腹部膨満
③嘔吐
④排便
⑤排ガスの停止

(3)腸閉塞の発症原因

ア 単純性イレウスの原因

・開腹術後や炎症(Crohn病など)による癒着性のもの(最多)
・腫瘍による狭窄や閉塞(多くは大腸癌による大腸閉塞。小腸腫瘍・ポリープの時も)
・結石(胆石,胃石など),硬便,異物,食餌(きのこ,こんにゃくなど),先天性の閉塞

イ 複雑性イレウスの原因

・索状物などによる絞扼(術後の癒着におるものが多い)
・腸重積症(成人では,腫瘍が先進部になることが多い)
・腸軸捻転症(S状結腸の捻転が多い)
・ヘルニア嵌頓(ヘルニア門が狭い場合に起こりやすい)

(4)腸閉塞の診断方法

ア 単純性イレウス

・腹部手術の既往がある人
・症状が比較的緩徐に進行する
・腹部診察で,腸雑音↑,金属音(聴診),鼓音(打診)
・立位腹部単純X線像で,拡張した腸管のガス像,niveauなどを認める

イ 複雑性イレウス

・症状が急速に進行する
・腹部診察で,強度の圧痛,腸雑音↓,筋性防御,反跳痛
・血液検査で,WBC↑,CK↑,LDH↑,代謝性アシドーシス
・立位腹部単純X線像で,拡張した腸管のガス像,niveauなどを認める
・腹部造影CT検査で,腸管壁の高度の浮腫,造影不良,大量腹水(嵌頓したヘルニアや重積した腸管,絞扼された腸管が見られる場合もあり非常に有用)

(5)腸閉塞の治療方法

ア 単純性イレウス

一般的に,絶飲食のうえ,保存的治療で軽快することが多い

・イレウス管・胃管挿入(腸管内容の吸引・減圧を行う)
・輸液(嘔吐や腸管内への水分漏出による,脱水・電解質異常に対する治療)
・抗菌薬投与(腸内細菌の増殖による菌血症の予防)
・外科手術(保存的治療に抵抗性の場合や腫瘍による閉塞の場合)

イ 複雑性イレウス

基本的に緊急手術(絞扼の解除+壊死腸管の切除)の適応となる

(6)裁判例

・名古屋地判平成17年5月25日判時1908号151頁
・金沢地判平成18年9月4日判時1980号128頁
・最判平成18年4月18日判タ1210号67頁
・東京地判平成18年5月31日判タ1244号268頁
・名古屋高裁金沢支判平成19年10月17日判タ1278号264頁

以 上