弁護士 井内健雄

黄斑上膜:黄斑部にセロファン様の透明な膜が形成される疾患

      黄斑前膜、網膜上膜

 

機序:加齢に伴い後部硝子体が発生し、後部硝子体皮質が黄斑上に残存し、そこに細胞が増殖して網膜表面に膜を形成する。

 

初期:視力障碍は軽度(軽症例)

進行(網膜肥厚):視力低下、変視症

         失明に至る疾患ではない

 

治療:硝子体手術が唯一の治療法(直接的な膜除去)

   手術は患者の不自由度と手術によるリスクを勘案して決定


適応:ある程度進行した症例の場合(軽症例では自覚症状もなく、経過観察のみでよい)