1 カルテ類の資料を集める必要性

 医療過誤事件の相談に来られる相談者の中には、ご自身でカルテ等の資料(以下、「カルテ類」といいます。)を集めてこられる方もおられますが、多くの相談者の方々は、相談に来られる時点でカルテ等の資料をお持ちではありません。

 しかし、問題となった医療行為が医療過誤事件として法的な責任を追及することができるかを検討する際にカルテ類を調査することは必須であります。

 このため、第一歩としてカルテ類を集めることが必要となります。

2 任意開示手続きと証拠保全手続きの特徴

(1)任意開示手続きと証拠保全手続き

 カルテ類を集める方法として大きく分けると①任意開示手続きにより集める方法、②証拠保全手続きにより集める方法の2つの方法が考えられます。

 任意開示手続きは、分かりやすく言えば、患者や患者の代理人等が医療機関に対しカルテ類の開示を請求し、この請求に応じて医療機関が任意にカルテ類の開示を行う手続きです。

(2)任意開示手続きの長所と短所

 任意開示手続きは、一般的に謄写実費程度の費用で済み、比較的迅速に開示を受けることが可能であるという長所がありますが、他方でカルテ類の改ざんや隠ぺいのおそれが拭い去ることができず、また、開示された資料が請求をかけた全資料と対応しているかを確認することは困難であるという短所があります。

 相談者の方が不完全な任意開示手続きを受けてこられる場合も少なくありませんが、医療機関側が意図的に不完全な開示をしているとは限らず開示にかかる申請書の記入方法が適切でないために不完全な開示がされている場合も少なくありません。

(3)証拠保全手続きの長所と短所

 証拠保全手続きは、分かりやすくいえば、裁判所の決定を得たうえで医療機関対し直前まで通知をせずに裁判官らと共に医療機関に赴き、事実上の強制力のもとで網羅的にカルテ類を収集する手続きです。

 証拠保全手続きの長所としては、カルテ類の改ざんや隠ぺいのおそれを可及的に排除できることや、事実上の強制力のもと網羅的にカルテ類を収集できるという点などが挙げられます。

 また、最大の長所としては、医療事故報告書など医療機関内部において当該事故を分析・検討した経過や評価等が記録された資料を収集することができる場合がある点です(ただ、作成されている場合は多くありません)。

 医療事故報告書などの資料は、任意開示手続きでは入手することは非常に困難な資料であり、筆者の経験では任意開示手続き入手できたことは一度もありません。

 証拠保全手続きの短所としては、任意開示と比べると弁護士費用等の費用が高くなる点や、裁判所に対する証拠保全手続きの申立てから決定までに時間がかかることが一般的である点、また、カルテ類が作成された時点で虚偽の記載がされたような場合には証拠保全手続きの長所を生かすことができない点などが挙げられます。

3 どちらの手続きを選択すべきか?

 任意開示手続きにも証拠保全手続きにもそれぞれ一長一短があるため、筆者は、事案の内容、相談者の方がどこまで徹底的に調査を行うことを希望しているのか、相談者の方の資力等を考慮しながら任意開示か証拠保全手続きのどちらを勧めるのが適切であるか考えます。

 もっとも、医療過誤事件においては徹底的な調査こそが命であるといえるため、カルテ類の収集手続きもより確実性が高いものであることが望ましいと考えます。

 このため、相談者の方において費用と時間が許すのであれば証拠保全によるカルテ類の収集を第一選択としてお勧めすることが多いです。

弁護士 藤田 大輔