前回の記事はこちら:「集団検診における肺がんの見落とし➀」

1 はじめに

(1)集団検診の性質から読影医の注意義務は軽減されること

 前回から、健康診断における肺がんの見落としの事案の説明をしてきましたが、前回の記事では集団検診では大量の受診者の胸部レントゲン写真を迅速に読影しなければならないという制約があるため、集団検診における読影医の注意義務は個別診断における注意義務と比較すると軽減されると考えられ、実際に肺がんの見落としにつき読影医の過失が否定された裁判例(仙台地判平成8年12月16日判タ950号212頁)をご紹介しました。

(2)集団検診において肺がん見落としの過失が肯定される場合

 一般論として、集団検診における読影医の注意義務が軽減されるとしても集団検診も医療行為であることに違いはないため全ての見落としが許容されるわけではありません。

 例えば、過去のレントゲンフィルムとの比較読影により腫瘤影が大きくなっていたことが認められた場合や、胸部レントゲンに異常所見が認められたものの読影医が肺がんを見落として気腫性嚢胞と誤診した場合には読影医の過失を認めた裁判例があります。

2 健康診断における肺がんの見落としに関する裁判例(過失を肯定した例)

(1)富山地判平成6年6月1日判時1539号118頁があります。

 この裁判例では、定期健康診断において撮影された胸部レントゲンに観察された右肺上部の空洞を伴う陰影が前年に撮影されたものと比べて大きさや形状が変化し、空洞が明確になっていたにもかかわらず読影医が陰影に変化がないと判断し精密検査を指示しなかった点につき過失があると判示しました。

 もっとも、この裁判例では読影医が肺がんを見落とした時点で治療を行っていても治癒していたものと認めることはできないとして、読影医の見落としの過失と患者の死亡結果との間の因果関係を否定し、患者が早期治療を開始する機会を奪われ死期を早められたことに対する精神的損害を認めるにとどまりました。

(2)仙台地判平成19年10月16日判時1996号68頁

 この裁判例では、受刑者の定期健康診断を受けた際に撮影された胸部レントゲンの左肺部分に陰影が観察された。

 当該陰影は正常肺の部分と比較して白っぽいうえ、正常肺の部分に写っ ている血管や気管支等の正常組織が写っていないことにもかかわらず、当該胸部レントゲン画像のみから当該陰影を気腫性嚢胞に伴い正常肺組織が二次的変化したものと診断し、肺がんの可能性を考慮することなく、肺がんとの鑑別診断をするために必要とされる諸検査を実施しなかったことにつき、医師には平均的な医療水準から必要とされる諸検査を怠った過失があると判示しました。

弁護士 藤田 大輔