1.埋没法

(1) 意義

重瞼線のくびれを作るために、予定の重瞼線に沿って、皮膚から瞼板に連続性を持たせるように、瞼板の適度なレベルの位置とを縫合糸で結び、その縫合糸を皮下に埋め込んでしまう方法。

(2) 適応 

重瞼術を希望するすべての人。もっとも、眼瞼が非常に腫れぼったいか眼瞼皮膚の弛みが顕著である場合は、早期に重瞼線が緩むか消失する可能性が高い。

(3) 合併症

結索部位の露出等。

2.切開法

(1) 適応

ア.腫れぼったい眼瞼、眼瞼皮膚が硬い状態
イ.眼瞼皮下脂肪や眼窩脂肪が多い眼瞼や、眼窩脂肪が隔膜とともに下方にある状態。
ウ.強い睫毛内反や余剰皮膚のある場合

(2) 合併症

重瞼幅の左右差。重瞼幅が広すぎる場合は修正が難しいので、幅広いデザインを避けるように注意が必要。

(3) その他

上眼瞼に脂肪が多く皮膚が比較的硬い状態では重瞼溝ができにくく、埋没法では元へ戻ることが多く、切開法がよい。

3.脂肪切除術

(1) 意義

眼窩脂肪を除去する方法。

(2) 適応

腫れぼったい眼窩脂肪の多い目の重瞼術。

(3) 合併症

脂肪切除断端からの出血により重篤な合併症をひきおこすことがあり、血腫による視神経の圧迫により失明した例も報告されている。

参考文献 「美容外科基本手術」酒井成身編集 南江堂 他