(1)悪性リンパ腫とは何か?

 悪性リンパ腫とは、リンパ節の中のリンパ球に発生するがんである。
 悪性リンパ腫は、欧米人に多く、連続的進展する「ホジキン病」と非連続的進展をする「非ホジキンリンパ腫」に分類される。

(2)悪性リンパ腫の症状

①股の下、腋の下などのリンパ節の腫大
②発熱
③貧血
④全身倦怠感

など。

(3)悪性リンパ腫の発症原因

 確実な原因は解明されていないが、以下のような要因によりリンパ球の生成過程で遺伝子に傷がつくことで誘発されると推測される。

①排気ガス、除草剤、殺虫剤など有害物質
②ヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型、EBウイルス、ピロリ菌などの感染
③放射線を浴びること
④A20遺伝子の異常

(4)悪性リンパ腫の診断方法

①リンパ節など病変部分の生検
②PET検査
③X線撮影
④MRI検査
⑤腫瘍マーカー

など。

(5)悪性リンパ腫の治療方法

①放射線療法
②化学的療法(抗がん剤の投与など)
③自家増血幹細胞移植
④自家抹消血幹細胞移植

など。

(6)裁判例

①東京地方裁判所平成23年5月19日判決 判例タ1368号178頁
②東京地方裁判所平成22年1月22日判決

など。

以 上

弁護士 藤田大輔