(1)海綿状血管腫とは何か?

 海綿状血管腫とは、脳の中に血管の成分が混入する血管の奇形である。

(2)海綿状血管腫の症状

①頭痛
②痙攣発作
③脳内出血
④脳内出血に伴う言語障害

など。

脳幹部に発生すると、物が二重に見えたり、顔面麻痺、ふらつき、めまいなどが起こることが多い。

 無症状の場合は放置しても大丈夫である。

(3)海綿状血管腫の原因

 血管の奇形が原因である。

(4)診断方法

MRI検査でほとんどの場合診断できる。

(5)治療方法

無症状のもの、偶然に発見されたものは放置しても問題はない。
ただし、静脈性血管腫(静脈奇形)を伴う場合には、取り除く必要がある。

(6)裁判例

①山口地方裁判所岩国支部判決(平成15年3月31日)判タ1157号242頁
②高松地方裁判所判決(平成9年3月11日)判タ971号201頁
③大阪地方裁判所判決(平成13年9月28日)判例タ1095号197頁

など。

以 上

弁護士 藤田大輔