弁護士 藤田大輔

 

(1)癌の骨転移

癌の骨転移の仕組みは、血液細胞を作る骨髄が存在する骨髄には多数の血管が存在しており、ここに癌におかされた臓器などから癌細胞が血流に乗って運ばれ、癌病巣を形成し、増殖するというものである。

 

(2)骨転移の症状

 ①骨が溶ける(溶骨型、乳癌、肺癌、甲状腺癌などに多い)。

 ②骨が増殖する(造骨型、前立腺癌に多い)。

 ③混合型(溶骨型と造骨型の混合タイプ、乳癌に多い)。

  骨転移初期には転移部付近に軽度の疼痛やしびれを生じ、進行すると激しい疼痛をともない、転移部の骨で大腿骨や骨盤など体重がかかりやすい部位の骨は骨折しやすくなる。

  脊椎が圧迫されると、麻痺が生じることがある。

 

(3)癌の骨転移の好発部位

上腕骨付近、脊椎、肋骨、大腿骨、骨盤など、元の癌の患部に近い、かつ血流に富む部位に発生することが多い。

 

(4)癌の骨転移の診断方法

①単純X線検査

②MRI検査

③CT検査

④PET検査

⑤骨シンチグラフィ

など。

 

(5)癌の骨転移の治療方法

治療方法は転移部位や放射線感受度や予後により決定される。

①ビスフォスフォネート製剤の投与(最近開発された製剤であるが、大きな副作用がなく、骨転移しながらも通常の生活を送ることができる点で優れた治療法といえる、治療の基本に取り入れられつつある。)

②化学療法

③ホルモン療法

④放射線照射(疼痛緩和率が70%から96%と高く、疼痛緩和のために行われることが多い。)

⑤手術(上腕骨や大腿骨などの骨折をおこしやすい長管骨転移の場合行われる。)

 

(6)裁判例

     ①東京地方裁判所平成17年3月9判決
②東京地方裁判所平成15年4月21日判決

     など。

以 上