(1)頚椎脱臼骨折とは

頚椎脱臼骨折とは、7つある頚椎に転倒やなど大きな外力が加わり過伸展、過屈曲、過回旋することが原因となり頚椎に伸張力、圧迫力が加わり頚椎が脱臼骨折することである。

(2)頚椎脱臼骨折の症状

① 麻痺の残存
② 可動域制限

など。

(3)頚椎脱臼骨折の原因

① 頚椎の過屈曲伸張(後頭部が下方から押し上げられた場合に多い)
② 頚椎の過屈曲圧縮(頭頂部に衝撃が加わった場合に多い)
③ 頚椎の過伸展伸張
④ 頚椎の過回旋

(4)頚椎脱臼骨折の診断方法

① 神経学的所見などの臨床所見
② X線撮影
③ CT検査
④ MRI検査

など。

(5)頚椎脱臼骨折の治療方法

治療方法は、主損傷が骨損傷か靱帯損傷かにより大きく分かれる。

① 保存的治療法(整復が容易で骨癒合が良好な場合など)
② 観血的治療法(下位頚椎の脱臼骨折の場合など)

など。

(6)裁判例

① 東京地方裁判所平成22年2月12日判決 判タ1343号167頁
② 福岡高等裁判所平成22年2月4日判決 判時2077号47頁
③ 福岡地方裁判所平成11年9月2日判決 判時1729号80頁

以 上

弁護士 藤田大輔