硬膜管内馬尾神経、神経根が慢性的に狭窄を受けている状態に歩行等の運動負荷がかかることにより下肢、会陰部への神経症状をきたす疾患(脊髄の通っている脊柱管が狭くなり、神経が慢性的に圧迫されている状態)

原因

 椎間板ヘルニア、変形すべり症、加齢

自覚症状

 狭窄部分の痛み、下肢の痛み、しびれ等

 間欠性跛行(歩いたり、立ち続けたりしていると、下肢に痛みやしびれが出て歩けなくなり、暫く休むと症状がなくなる状態)

「神経根」が圧迫されるタイプ

 左右どちらかの神経根が圧迫された時は、圧迫されたほうに、腰から足にかけての痺れ・痛みの症状が出る。

「馬尾」が圧迫されるタイプ

 足の痺れ、麻痺、脱力感、便尿が出ない、我慢ができない等排泄障害

混合タイプ

治療

 保全療法

 消炎鎮痛薬、プロスタグランディン製薬、漢方薬、ビタミンB12製剤

 ブロック注射

手術療法

 保存療法の効果がなく、日常生活動作(ADL)、生活の質(QOL)が低下しているときに適応

 馬尾型→正中部に狭窄があれば部分的椎弓切除、頭側椎弓の尾側で黄色靭帯付着部までが除圧範囲

 神経根型→開窓術、頭側椎弓の尾側で黄色靭帯付着部から尾側は椎弓根部を神経根が回りこみ椎間孔入口部までが除圧範囲